今年3回目になる今日は、ゲムマ神戸の新作を遊びました。
メンバーは、いたるさん・トド吉・私の3人。
新作アンケートの締め切りを勘違いし、30日までだと思っていたので今日を予定してしまったという。
遊んだゲーム
遊んだのは全部で10ゲームですが、1つはゲムマ秋の新作でした・・・
まずは前半5ゲームの簡単な紹介と感想を。

Give & Gain・Give&Gain(Give&Gain)
他の人にカードを押しつけ、その人の手札からカードを引いていく。2枚揃えば1枚を自分の前に。規定の7種類を集めてキングを手に入れたり、マイナスのプリンセスをいかに回避するか。3人だったからなのか、山札が多すぎて終わりが見えない。枚数が種類によって違うので、揃わないものは揃わない。山札から補充をした人狙いうちで揃えて、山札が尽きて終了。なんとプレイ時間60分。
実は秋の新作だった事実を帰宅してから気付いたという・・・

Nine Planets・Nine Planets(万屋楽団
異星人の力を借りて勝利点を獲得するゲーム。ダイス目のアクションを選択するけれど、バッティングすると数字が半分に。わざとバッティングを狙ったり、単独を狙ったりしつつ。カードの効果を上手に使って得点を稼ごうと思っても、アクション選択で失敗して友好になれなかったり。地道に勝利点を獲得していき、私が規定得点獲得で終了。3人だったので2ヶ所しか選択肢がない中で、いかに出し抜くか悩ましくて面白かった。

Watch Out・Watch Out(Rab Works)
右側の人の手札からカードを引いて自分の前に置くだけ。カードの効果を適用していくけれど、はじまって1周目で終わったw 私がトド吉の手札から抜いたのが大砲。これによっていたるさんが死亡。そして残ったトド吉が私の手札から引いていってのは・・・爆弾。これによってトド吉が死亡。生き残った私の勝利で、いたるさんの「おれ1回もカード引いてないよ!」で大爆笑w 楽しくて仕方なかった。何回遊んでも長引かないところがいいね。いやー笑った。

お遍路自慢・お遍路自慢(DDB
お遍路に必要な道具を揃えて得点を獲得する・・・はずでした。実際遊んでみたら、カードをバッティングさせて、そのカードを得点化したほうが強くなってしまったというか。地道に避けて道具を揃えていくよりそっちがいいというか。道具の得点配分がもう少し高いほうがいいかなぁ。これだと道具を集めるよりバッティングさせたいので、場に並ぶ道具の移動で何かが発生するとか少ない。ちょっと惜しいかな。

にゃんこふぃっしんぐ・にゃんこふぃっしんぐ(高天原
釣りをするかお供えするか。2つなのに悩ましい。キューブを握って選ぶけれど個数は決まっている。バッティングすると取り分が少なくなる。ゲーム中、2回発生するイベントもクリアしつつ、得点を獲得していきます。最初の1枚目に釣り場が大漁だったのにトド吉しか選択していなくて魚いっぱい。釣りはボードで得点がわかるけれど、お供えはカードなので秘密。ひたすら釣っていたトド吉は最後にたたりで脱落。残った人で釣った魚からお供えを引いて得点比べ。釣りもいいけどお供えも忘れずに。


つづく