・サントリーニ:黄金の羊
 Santorini: Golden Fleece(Roxley:2016)


サントリーニ黄金の羊

サントリーニの街並みをつくりながら、自分の従者を建物の最上段に置くゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

このゲームは最適が2人になっていて、3人・4人なら神力を必ず使用し、さらに4人の場合はチーム戦になります。
基本的なルールは、本体と同じ。
この拡張では、新しい神々と黄金の羊、そして英雄が加わります。
黄金の羊を適用する場合、マークが描かれた神を1枚選んで配置します。
プレイヤーは、各自の神を持ちません。
自分の従者が黄金に羊に隣接している場合、手番中に神力を使うことが出来ます。
英雄パワーを適用する場合、各プレイヤーは1枚ずつ英雄カードを持ちます。
ゲーム中1回だけ使える能力です。
ただし、黄金の羊導入時は英雄を導入することは出来ません。
尚、神によっては対戦禁止の組み合わせがあり、カードに書かれています。

まずは黄金の羊を導入。
選んだ神は「ウラニア」。
どちらも同じ神力を使うので平等なはず。

いざゲームが始まってみると、意外に神力使えない。
というのも、黄金の羊と隣接していることを考えると、従者が1人でウロウロ。
狭い中にトド吉の従者もいるから邪魔w
そして、あっという間に私の勝利。

トド吉から泣きのもう1戦がはいったので、神様をかえてもう1戦。
サントリーニ黄金の羊
今回の神様は「ハデス」。

黄金の羊がいることで、無意識に隣接にいようとしています。
それによって、思わぬ狭さを感じます。
そして、自由度が落ちるので広い場所を求めて移動していくと、神力攻撃を受けて悲鳴というw
黄金の羊の配置場所がかなり大切。
勝ったトド吉のドヤ顔が、一番のハイライトw

次に英雄カードで遊んでみる。
サントリーニ英雄入り
ランダムに選んだ英雄は、私が「ヘラクレス」トド吉が「ベレロポーン」。
英雄の力は1回しか使えないので、あとは基本的なルールで遊んでいるだけ。
じわじわとお互いにせまっていき、ここだ!と思ったタイミングで発動。

「ヘラクレス使う!」

トド吉が上がろうとしているところに屋根をのせたけれど、そこまで影響ないというか。
むしろ、私の逃げ場がなくなり、トド吉が最上階にあがっていくのを眺めていました。
・・・というか、続けて何戦もやっていて飽きたというか。

出来上がった見た目は本当にいいんですけどねぇ。
やっぱり基本ルールでさくさく、それでいて手軽な悩ましさの遊び方が一番好きです。