・ミュッセ:美術館
 Musee(Eagle-Gryphon:2014)


ミュッセ:美術館

美術品を収集し、自分の美術館に展示していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

自分の前に階段とシャンデリアを並べ、館内の土台をつくります。
各プレイヤーに5枚ずつカードを配ります。
カードは美術品で数字が書かれていて、題材が5色に色分けされています。
手番がきたら、手札からカードを1枚配置し、山札からカードを1枚引いて手札を補充するだけ。
館内は各層別に見て、左から右へ昇順になるように置かなければいけません。
配置出来ない場合はゲームから脱落し、残りのプレイヤーでゲームを続けます。
各層では、誰よりも早く絵画でいっぱいにすると、ボーナスカードがもらえます。
これを繰り返し、全員がカードを配置出来なくなったらゲーム終了。
得点計算をし、得点のもっとも高い人が勝者になります。

SPONSORED LINK

今回は2人プレイなので、使わないカードがあるのと館内は三層。
3人または4人の場合、館内は二層になります。
シャンデリアと階段をルールに沿って決めたら、いざゲームスタート。

幸いにも、最初の手札に1桁の数字が多め。
さらに赤が多めなので、これは階段狙いか・・・と考える。
得点計算の時に、同じ題材のカードが並んでると得点増。
さらに、階段でつながった上下層も同じ題材なら、得点増。
いち早く各層にカードを並べきったら、得点増になるボーナスカードがもらえる。
ただ並べるだけでは勝てないのです。

左から昇順になるように置いていくので、先の先まで考えながら。

(ここにこれを置いて、もし引けたらここに置いて、引けなかったらこれで・・・)

考えていても、カードが引けなければ仕方なし。
引けない時のことも考慮しつつ、順調にカードを置いていく。
ところが・・・
欲しいカードが引けなくなってくる。
そして向かい側を見ると、欲しいカードを出している!
とられた!

そう・・・各カードは1枚ずつしかないのです。

悩んでも仕方ないので、次の考えへ移行。
重要なのは階段。
階段の場所さえ種類をそろえられれば・・・引かない!

展示出来る場所がどんどん減ってくるのに、もしかしたら引けるかも?で残している場所ばかり。
しかも、あきらめて違うカードを置いたすぐ後に、欲しかったカードを引いたりw

「さっき欲しかったのにー!」

真ん中の中層だけは調子良く並べ、ボーナスタイルを受け取る。
でもここまで。
減ってきた山札と自分の館内、そしてトド吉の館内をよく眺める。
各種類の数字は5刻みなので、トド吉が階段にあれを配置したということは、おそらくこれは持ってる。
なら私はこれを配置して、揺さぶりをかけてやるー!的にw

お互いちゃんと昇順で並べることが出来て、いよいよ最後の1枚。
私はついに出せない状況になってしまい、トド吉が最後の1枚を展示して終了。
そして得点計算し、勝ったのはトド吉。
ボーナスタイルを2枚取られたのが痛かった。

ゲームは、カードを置いて引くだけのシンプルルール。
その中に、昇順じゃなきゃ置けないとか、各種類の数字が5刻みだったりと、制約がかなりきいています。
ここを諦めてあっちを取る、結局どちらも諦めるなど、1人でカードを見ながら悶絶しますw
問題は、自分の前に美術館を並べるので、場所をとるところ。
かなり大きめのテーブルで遊ぶのをおすすめします。
特に3人、4人だと横長になるので、横に長いテーブルが良いかと。