・リスキーアドベンチャー
 Risky Adventure(Queen Games:2016)


リスキーアドベンチャー

未開の地を探索し、得点を獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

場にはキャンプ・遺跡・探検ボードが並びます。
各プレイヤーは自分の色を決めて、冒険者3つと初期装備を受け取ります。
ゲームはラウンド制で、全員が手番を1回ずつやると1ラウンドが終わります。
手番では、3つのフェイズを順番に実行します。
まず、自分の冒険者3つを獲得したい場所に置きます。
次にダイス4個を振り、出た目で装備や出土品を獲得出来るか確認します。
獲得出来たら、自分の手元に置きます。
最後に獲得して空いた場所に、新しい装備・出土品などを補充し、自分の冒険者を回収したら手番終了。
これを繰り返し、終了条件を満たしたラウンド終了後、ゲームも終了します。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

2人プレイで何かルール変更あるかな?と思ったら、まったくなかったというw
ゲームで使うダイスは4個。
でも獲得しようとするアーティファクトには、ダイスが4個必要なものがあります。
そもそも足りない。
そんな時は装備を使わなきゃ無理なので、とりあえず装備だよねってことでお互い装備狙い。
装備品は使える場所が決まっている上に、アーティファクトがないと発動しないものも。
どれから狙えばいいのか・・・とりあえずダイスが増える系の装備は欲しい。
でもダイス。
言うことをきくはずもなくw
そんな時のために、冒険者は三者三様置きで。

序盤は装備がないので、安定の装備強化。
そして大切なのは時計。
最初は1つもっているけれど、使ったらなくなってしまうダイス目を変更出来る便利な時計。
むしろ、時計はないと厳しい。

序盤からトド吉が探検ボードを爆走。
進めば得点や時計、アーティファクトで得点になる地図があるので、そこを狙うのはわかる。
私といえば、一応探検にも冒険者を置くけれど、とにかくダイス目がふるわない。
諦めて、装備とアーティファクトへ。

しかし今日のトド吉はすごかった。
不必要になるダイスが少なく、アーティファクトを集めまくり。
順調にすべてを増やしていく。
こうなると、どんどん差が広がるだけ。
探検に行っても失敗し、装備があっても欲しいアーティファクトはそこじゃない。
すべてを上手く使えていない感じ。

あっという間に探索ボードも2枚目。
もちろん、トド吉が4点獲得しての2枚目。
せめて地図くらいは欲しいなぁということで、私も探索ボードへ。
ところが、もういやになるほどダイス目がふるわない。
そして時計のストックも切れた。
つまり・・・どうにもならないw
諦めてスカラベをそろえたり、少しでも得点を取っていく。
せっかく揃えた装備もアーティファクトが欲しいものじゃなく、なんていうか早く終わらないかな展開。

まぁ・・・そんな日もあるよね!(前向き)

時計を切らせてはいけないとわかっていたはずなのに、切れてしまったのが痛すぎる。
そもそもダイスは4個しかないので、1個でも無駄に出来ないし無駄にしたくない。
そんなことを思っていたからか、選べたのがダイス3個で時計1個の救済措置だけ。

ゲーム終了が見えたので、探索ボードを一気に進むことに。
緑が2個あればいい、それだけなのに・・・失敗。
いやー!( ノД`)シクシク…

装備とアーティファクトを大量に抱えるトド吉が、最後のアーティファクトを獲得してゲーム終了。
もちろんトド吉の勝ち。
実はこのゲーム、メビウス夫妻と4人でもプレイしたんですが、4人のほうが楽しかったな。

2人だとダイス目がふるわないと、まったく追いつける気がしないというか。
場のアーティファクトや装備が動かないというか。
それにしても、今回はダイス目が言うことをきかなすぎたというか。
回避策を取れていなかったのも敗因だけど・・・
4人だと場の展開の変わりが大きかったりするので、4人のほうが楽しいと思いました。
3人は試してないのでわかりませんw