・ボーナンザ対決
 Bohnanza: Das Duell(Amigo:2016)


ボーナンザ対決

自分の畑に豆を植えて、収穫することで豆ターラーを獲得していくカードゲームです。
トド吉とプレイ。

ボーナンザの2人用で、持っている畑は3つです。
手番がきたら、まずは手札から1つか2つの豆を自分の畑に植えます。
植える豆に同じ種類という制限はなく、数字がきっちり2つ上の豆なら重ねて植えられます。
収穫する時は、常に一番上のカードに描かれたレートでの収穫になります。
次に山札から3枚めくって1枚を与えたら、めくったカード及び与えられたカードを畑に植えます。
最後に、山札から豆カードを1枚ずつに2枚補充し、可能ならボーナスカードを補充したら手番終了です。
カード補充は1枚ずつ、順番をかえずに手札の後ろ側に加えるのはボーナンザと同じ。
違っているのは、3枚めくってカードを与えるところ。
すべて自分で植えることも出来ますが、相手に豆を与える場合、場に並んでいるプレゼントカードを使って交渉になります。
与える豆はめくった3枚でも手札でも、持っていないカードでブラフも可能。
豆の種類を決めたら、プレゼントカードを相手側に押し出します。
断る場合は、相手にプレゼントを提示しなければなりませんが、異なる種類の豆しか選べません。
もう1つ違っている点はボーナスカードで、ゲーム中いつでも、畑に植えてある豆が指定通りになったら達成出来ます。

自分の前に畑を広げたら、配られたカードをそのまま広げて手札準備完了。
さらにボーナスカードにも目を通す。
そこまで変わらないだろうなぁなんと考えつつ、早速ゲームスタート。

まずは畑に豆を2枚。
同じ豆なら植えてしまいたい。
そして、山札から3枚めくる。
同じ豆が2枚あるならそのまま植えたいけれど、1枚がいらない。
いらないなら、相手に与えればいいのだ!
ということで、中央に並ぶプレゼントカードをそっと押し出し「これあげる」。
プレゼントなんて名前だけれど、ほぼ押し付け。
断るなら違う豆を提示しなきゃいけないのだから、本当に押し付けw

「いや・・・いらないから。んーでも他の豆あげなきゃいけないのか・・・うーん」

受け取るしかない場合もあるし、畑が空いてるんだからいいじゃないの的なw
ここだけやっていると、交渉が変わったボーナンザ。
問題はボーナスカード。
同じ豆を5枚や6枚、全部違う豆を3枚など、条件を達成するのが難しい。
しかも得点配分というかターラーが、普通に収穫するより安い。
必ず達成しなきゃいけないルールはないので、気にしなきゃいいだけ。
でも・・・持っていたら達成しなきゃ!という使命感が出てきてしまう。
これがもう大失敗だったというw

18の豆を3枚植えたところで、20の豆を引き取って植えたら、また18の豆がきたり。
手札とにらめっこして、邪魔な豆をプレゼントしようとしたら、逆にいらない豆を引き取ることになったり。
ボーナスを狙いすぎて収穫時期を逃したり。
ちょっと難しいというか、勝手が違いすぎてつらいw

そんな中、トド吉は順調。
変化に柔軟というか、どんどんボーナスを達成していくし、見ていると畑も順調。
おかしい・・・私のほうが豆好きなのに(違

気付けば山札がかなり減っている。
このゲームだとリシャッフルがないので、山札が尽きたらゲームも終了。
手札からあと2枚出せば高額収穫出来るのに目がくらみ、手札に抱えたまま爆死。
当然負けたけれど、これは悔しい。
あと1人いたら、普通のボーナンザをすぐに遊びたかったくらいには悔しい。
豆への愛なら負けないのに・・・w

共通のボーナスが場に出ていて、早く達成する形だったら気にならない。
自分で持っているからこそ、気になって仕方ない。
あと交渉の部分。
持っていなくてもブラフかけられるので、それで何とかうまいことやってやろうと思ったけれど、ブラフ失敗して涙目になってしまったり。
失敗すると、収穫したターラーから1枚渡さなきゃいけないのです。
やっぱり私は、普通の豆が大好きですw