・キングドミノ
 Kingdomino(Blue Orange:2016)


キングドミノ

タイルを並べて、より名声点の高い自分の王国をつくるゲームです。
4人でプレイ。

各プレイヤーはスタートタイルと自分の城、国王コマを受け取ります。
ゲーム開始時に、使われている国王コマ数と同じ枚数のタイルを、数字が小さい順に並べて表向きにします。
プレイ順を決め、順に任意のタイルに自分の国王コマを置きます。
その後、再びタイルを並べてセットすることで、場には2列のタイル列が並ぶことに。
準備が出来たら、一番上のタイルに国王コマをのせている人から、順に手番を実行していきます。
ゲームの目的は、タイルを5×5の大きさに並べて、自分の王国をつくって名声点を獲得すること。
名声点は地所ごとに計算して合計しますが、王冠の数とつながっている同じ種類のマス数を乗算するので、王冠がない土地は名声点がもらえません。
手番では、自分の国王コマがのっているタイルを取り、自分の領地に追加します。
次に、新しい列にあるタイルを選んで、自分の国王コマを置きます。
全員の手番が終わったら新しいタイル列をつくり、新たなターンをはじめます。
これを繰り返し、最後のタイル列を順に取って配置したらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも名声点の高い人が勝者になります。

今年のドイツ年間ゲーム大賞ノミネートのゲームです。
説明書にはドミノと書かれているけれど、なじみがある呼び名はタイルなのですw
気をつけなきゃいけないのは、自分の王国は5×5からはみ出せないこと。
そして何といっても、どんなに同じ種類をつなげても、王冠がなければ1点にもならないところ。
これだけは忘れてはいけないルール。
5×5は他の人が指摘してくれるけれど、王冠は誰も教えてくれないw

どれをのばしていこうかなー?と考えながら、他の人をちらっと。
とりあえず・・・麦だな。
食料って大切だし(このゲームでは食料なんて関係ありません)。
最初の1枚を配置したら、次のターンのタイルから選んで国王コマ置くだけ。
数字の小さい順になっているので、王冠があったり鉱山などは数字が大きくて取ったら後手番確定。
欲しいけれど、手番は早いほうがいい・・・悩む。
夢は見ないで現実重視で、とりあえず黄色い小麦畑を広げることに。
うん。さくさく進むゲーム。

並ぶタイルに目的の種類がない時は考える。
基本ルールでは、城が中央になくても構わない。
だったら、違う方向に違う種類をのばしていこう。
一番悩むのは、次のターンでどれを取るかだけれど、3番、4番手は選択肢ないので早い。
ここをこうやって広げて・・・なんて考えているうちに気付く。
王冠がない!

(まずい・・・0点になっちゃう)

王冠が出てきた!と思っても、手番順で先に取られること数回。
何とか1つだけでも獲得出来たのでセーフ!
そして、鉱山をつなげている人もいて、1枚で王冠が2つや3つ描かれているなら、私だって欲しい。
あれもこれも欲しいけれど、それじゃダメ。
二兎を追う者は一兎をも得ずの精神で。
あっという間に1ゲームが終わり、なんと私の勝利。
でも勝てたのはこの時だけ。
やればやるほど、あれもいいな、これもいいなで自爆してしまう展開になりましたw

手堅いゲームだなっていうのが、最初の印象。
派手さはないけれど、タイルをつなげて王国をつくっていくテーマ感、そして出来上がった自分の王国を写真に撮りたくなる心情。
どのタイルを選んだら良いのか悩みがちなところも、悩む余地があるのは手番が早い人だけ。
最後手番の人には選択肢がないところも、プレイ時間を長引かせない工夫というか。
より名声点が高くなるように並べるのは自分との闘いだけれど、他のプレイヤーがどういう方向性なのかはチェックしておきたいし、タイルを選ぶためには気にしておきたいところなので、ソロプレイ感はそこまでない。
やっぱり手堅くライトに遊べる良ゲームだなって印象です。
実際、3時間で6回プレイ出来ました。

このゲーム、日本語版発売前にすごろくやで開催された「キングドミノ覚えたて大会」でプレイしました。
うち2回は、イベント用の大きいバージョンで遊べました。
大きいのは今後発売予定らしいので、ぜひ入手しておきたいところ。
とはいえ実際プレイすると、タイルが大きい分、シャッフルが大変ですw
その後、トド吉と2人でプレイする機会もありました。
2人プレイの基本はランダムでタイルを抜きますが、それとは違った選択ルールの『壮大な決闘』ではプレイ感が違ったので、後日別記事にする予定です。