・フラムルージュ
 Flamme Rouge(Lautapelit.fi:2016)


フラムルージュ

自分の選手を最初にゴールさせるのを目的とした、自転車レースゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

タイルを並べて、レースコースをつくります。
各プレイヤーは、自分色の選手コマ2個、プレイヤーボード、カードセットを受け取ります。
レースはカードを使って選手を進めていきますが、スプリンターとルーラーは別々のカードセットを使います。
それぞれ裏向きでシャッフルし、裏向きのまま山にしてプレイヤーボードに置きます。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは3フェイズです。
まずは、片方の山札から4枚引いて使う1枚を選び、続いてもう1選手のためにカードを選んでセットする活力フェイズ。
セットしたカードを表向きにし、先頭の選手から書かれている数だけ前進させていく移動フェイズ。
最後に、使ったカードを除外してスリップストリーム効果を適用し、消耗カードを割り当てたらラウンド終了。
これを繰り返し、誰かの選手がゴールを越えたら、その人の勝利でゲーム終了。
同じラウンドで複数の選手がゴールを越えたら、より遠くまで進んでいる人が勝者になります。

自転車レースは数多くあるので、そこまで期待していなかったけれど、デッキ構築と聞いて関心が高まる。
デッキ構築はかなり好み。
そして、ルールがわかりやすい点は、ゲーム開始前の好印象ポイント。
スプリンターとルーラーについてはまったく知らなかったので、2人で説明されつつw
まずはルーラーの山札から1枚を選ぶ。
最初だし、多少走ってもいいいよね的な感じで。
続いてスプリンターの山札からカードを引いてみると、9が多め。
ルーラーの数字と合わせたいので、進みすぎない数字が1枚だったのでそれを選択。
そして先頭の人から実際の移動フェイズ。

「そこ!そこ邪魔だから!」
「あー・・・先頭に出ちゃった」

悲喜こもごもw
進み終わるとスリップストリーム処理。
最後尾から処理していき、前の人とちょうど1マスだと自動的につまります。
さらにその前と1マスなら、さらに前進。
スリップストリームいいね!
ちょうど1マスが重要。

レースは団子状態のまま、山札すべてを使い切ってリシャッフル。
少し消耗カードが混ざったけれど、そこまで影響はない。
レース中盤になると、少しずつ差がついてくる。
狙っていないのにうっかり前へ出てしまったり、カード選択の余地がなかったり。
予定では前へ出るはずだったのに、数字がかぶって前へ出れず、自分だけ内側レーンで消耗したり。
この続いた消耗が後半では痛かった。
トド吉が飛び出したと思えば、いたるさんが追い越し、私は常に中盤から最後尾。
まだまだ追いつけるはず・・・そう思っていました。

それでも最終カーブを曲がる頃には、再び団子状態。
最終コーナーを曲がったところで、団子状態からのデッドヒート。
スプリンターの9が引ければゴール出来る。
引ければ・・・引ければ・・・

あ゛!

なんと、4枚のうち3枚が消耗カード!
ここでこんな手札になろうとは・・・仕方なく5を。
ルーラーはそこまで大きい数字がないので、最後の追い上げには至らず。
そのままいたるさんがゴールして終了。

これはかなりいい。
「最後のダッシュが1手遅かった」
「そうだねぇ。もう少し早めでもよかったかもね」
なんて会話が出来るのもいい。
ダレないところも、デッキ構築なのも、邪魔がないので泥沼にならないところもいい。
正直、足の引っ張り合いがレースゲームには付き物だと思っていたので、シンプルさに驚きました。
それで面白いのだから、終わった後も気分が良い。
消耗カードを受け取っても、4枚から選べるし影響ないんじゃ?と思っていたけれど、ここぞという時に3枚
消耗カードだった時の衝撃はかなりのものw
やはり疲れすぎるのは良くない(当たり前)。
余計な効果がない分、レースもスピーディに進んで終わるので、自転車レースへの見方がかわりました。
追加ルールでは、消耗カードを最初から持っていたり、山岳の制限が入る程度なので、ボードゲームを普段から遊んでいる人なら最初から導入してもよさそうです。