・ツリーハウス・パーティ
 Baumhaus Club(Beleduc:2005)


ツリーハウス・パーティ

5つの道具を揃え、ツリーハウスの完成パーティに一番早い到着を目指すゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなツリーハウスには、はしごが4つ付いています。
周りには、各プレイヤーが必要としている道具が描かれているチップが、裏返しで置かれています。
手番がきたら、まず全員がチップを持っているのか確認します。
全員が持っていたら、ダイスを振って出た目に従います。
持っていない人がいたらチップをめくり、自分の色と同じチップなら獲得して手元に置き、他プレイヤーの色ならそのまま裏返します。
これを繰り返し、誰かが必要な5種類のチップをツリーハウスに運び込んだら、その人の勝利でゲームが終了します。

組み立てた時の見た目は最高。
内容は子供向けゲームということで、そこまで期待せずにスタートです。

まずはチップをめくる。
偶然にも自分色のチップだったので、そのまま獲得して終わり。
問題は、全員が最低1枚チップを持っていないと、ダイスを振れないということ。
ダイスを振らないと、ツリーハウスにチップを運べないということ。
最初の神経衰弱で躓く場合もw

そして、全員チップを持ったらダイスを振る。
出た目ははしご。
自分の人形を実際にはしごを登らせます。
この時、チップも一緒に持っていきます。

か、かわいい!

はしごを登っているうちは牛歩だけれど、ツリーハウスの目が出ると熱い。
いきなりツリーハウスにチップを運べるのです。
とはいえ、手元からチップがなくなれば、再びチップめくりにw
バケツも入れただけではダメ。
持ち上げる目が出ないと、永遠にバケツの中という。
はしごを登ってチップを運び込んだ人形は、すぐに下へ戻ってきます。

圧倒的な速さでチップを運び込んでいた私だったけれど、途中で停滞。
空っぽのバケツを持ち上げるだけだったり、人形がなかなかはしごを登れなかったり。
一瞬で終わるかと思っていたのに、すごい勢いで翔さんが追いかけてくる。
バケツを持ち上げる目が出て歓喜の声をあげたり。

そして、あと1枚運び込んだら勝てるというところで、再び牛歩。
最後はツリーハウスの目が出て、見事5つの道具を運び込んだ私の勝利。

見た目が最高。
ゲームは子供向け、そのままな感じw
木製のツリーハウスは、組み立てが終わった段階でテンションは最高値。
細かいところで、こういう時どうするんだろう?というルールもあったけれど、そこは余計なことは考えず、素直に読んだままでw
最後は運を味方につけることが出来た人が勝つような、そんな感じでした。