・ドクムス
 Dokmus(Lautapelit.fi:2016)


ドクムス

ドクムス島を探検し、遺跡や神殿に隣接するように自分のトークンを配置していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

マップタイルを並べて、ドクムス島をつくります。
各プレイヤーは自分色のトークンを受け取ったらスタートプレイヤーを決め、プレイ順の逆順でトークンを初期配置したら、ゲームスタートです。
ゲームは8ラウンドで、各ラウンドは3つのフェイズからなります。
スタートプレイヤーから順に、守護者タイルを選んでいくフェイズ1。
守護者タイルに書かれている数字の小さい順に、手番を実行していくフェイズ2。
手番では3個のトークンを使って配置していきます。
森林に入ったり水路を使う時に、トークンを1個捨てることがあります。
最後に護符が描かれている守護者タイルを持っている人が、次のスタートプレイヤーになったらラウンド終了。
これを8ラウンドやったらゲーム終了で、最後に得点計算をします。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

マップをよく見るところから。
神殿に隣接しなきゃ!ということで、どの位置が初期配置に良いのか。
最初のトークンを置いたら、早速守護者選び。
スタートプレイヤーから選ぶので、最初に選びたければスタートプレイヤーを取りにいく。
でも守護者の効果がスタートプレイヤーなので、他の効果はないわけで。
最初選ぶなら3がいい、ということで3を。

全員が選んだら、メインとなるプレイヤーの手番。
毎ラウンド使うのは、トークンが3個。
配置するか捨てるか。
すでに配置してある自分のトークンに隣接するようにつないでいくわけで。
とりあえず、一番近い神殿を目指す。

3人それぞれの方角から、神殿に隣接しながらトークンを広げていきます。
水辺はトークンを置けないけれど、通過は出来る。
でもトークンを1個捨てなきゃいけない。
森林はトークンを置けるけれど、その森林に初めて入るなら、やっぱりトークンを1個捨てなきゃいけない。
3個しかないのに、1個捨てるのがかなり大きい。
平地はそのまま置けるけれど、神殿までは遠いわけで。
意外に遠くまで行けないのでは?ということで、近場の神殿狙い。
マップ上の神殿すべてに隣接出来れば、得点が入ってくるので地道に。

そして最後手番のいたるさんが、我慢出来ずにスタートプレイヤーを取りに。
これによって、トド吉が最後手番になってしまう。

「最後つらい!選べない!」

自分で選んだ守護者が5で、手番を最後にやるのと違って、守護者を選ぶのに最後は残りものw
どうしても使わない守護者っているのです。

ある程度トークンが置かれると、目指すは次のマップ。
ここから、神殿の取り合いが始まります。
そして狙っているだろうマップを、守護者の力で自分の進行方向に寄せたり。
回転させて、抜けるように次のマップへ行ったり。

トークン3個って・・・足りないw
やりたいことに圧倒的なトークン不足。
全員同じなので、どう使うかがすごく大切。

終盤になると、出来るまで他のマップにトークンを散らしていく方向に。
少しでも拾えそうな得点は拾っていかないと。
でも!
でも1個足りない・・・

遺跡にトークンを置けば、守護者とは別に効果があるので、遺跡はどこだ?と探したり。
そして忘れてはいけないのが、捨てたトークンの数でもトップと2位なら得点が入ってくること。
ちらちらと捨て場を見て、わざと火山に置いたり。
8ラウンドしかないし、1手番で使うトークンは3個なので、無駄なくやっていければいいけれど、そう上手くはいかないわけで。
最後は、1点でも得点が取れそうなところを狙ってw

そして8ラウンドが終わり、得点計算。
勝てるかも?と思ったけれど、それは幻でしたw
勝ったのはいたるさん。
軽視していたのが、マップタイルの数。
神殿は数でも得点ですが、最低1個の神殿に隣接出来ているマップの数が大きい。
多ければ多いほど得点も高いので、これであっさり抜かれてしまいました。

隠れている情報がほぼないというか、守護者は抜けている数字でわかるから、ほぼ完全公開。
情報が公開されているゲームは苦手なんですが、これはかなり楽しかったです。
自分の頭の中で組み立てたものが、タイル移動で消えてしまったり、通ろうと思っていたコースをふさがれたり。
プレイ中、マップが移動していくのも良かったです。
でもたぶんですが、4人で遊ぶほうがより楽しいんじゃないかと思いましたw