・ウソツキシャーマン
 Waka Tanka(Sweet Games:2016)


ウソツキシャーマン

動物を召喚し、呪文を習得していくカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場の中央には大きなトーテムポール、その周りには動物タイルを並びます。
動物カードをシャッフルし、配り切りで各プレイヤーにカードを配ります。
手番がきたら、3つのアクションから1つを実行します。
手札をプレイは、グレートシャーマンを動かした動物タイルに裏向きで1枚置き、タイルの動物と同じカードを置いたことを宣言します。
ウソツキ宣言は、直前のプレイヤーが手札をプレイしていたら、宣言することが出来ます。
その動物に置かれているカードをすべて公開して確認。
宣言が成功したらトークンを1個受け取り、直前のプレイヤーは公開されたカードすべてを手札に加えます。
宣言が失敗したら、公開したカードをすべて自分の手札に加えます。
呪文を唱えるは、動物を選んでカードをすべて公開し、2枚以上の一致するカードがあったら成功。
動物カードが1枚以下だったら失敗で、公開したカードをすべて手札に加えます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなって次のプレイヤーの手番が終わるか、誰かが4個目のトークンを獲得したらゲーム終了。
勝者は手札をなくした人、もしくはトークンを4個集めた人です。

まずはグレートシャーマンを動かして、手札からカードを1枚。
最初はこれしかやることがないw
そして、最初だから嘘はないだろうとスルーされ、トド吉も手札をプレイ。
いたるさんも手札をプレイしたところで1周目終了。
ゲームはここからが本番。

グレートシャーマンを動かした場所のカードを持っているか、手札を確認。
ある・・・でも違うカードを出したいな。
そっとカードを置きながら「イーグルってきぇぇぇぇとかって鳴き声?」と言う。
続いてトド吉の手番は「ぶもー」とカード出し。
いたるさんはといえば、「いやそれ嘘でしょ!」とウソツキ宣言。
置かれているカードをすべてめくってみると、本当にクマ。

「ほんとでしたー!」
「えー!」

カードはすべていたるさんの手札へ。
といってもまだ1枚だけだったけど。
こんな感じでゲームは進んでいきます。

「ぶぁっふぁろー」
「くまー!」
「ぶももー」
「くまー!」

グレートシャーマンが同じところを行ったり来たりだし、みんな宣言が適当w
こうなると、今度はダウトしたくなってくる。

「ほーほー」
「それダウト!」
「本当でしたー!」

みんなダウト宣言が早めで、なかなか動物に2枚以上のカードがたまらない。
トークンを4個集めても勝てるので、ダウトを成功させるか呪文を唱えるか。
そして、やっときた呪文チャンス。

「呪文を唱えまーす!」

カードをオープンにして成功判定。
置かれていたカード3枚は、ゲームから除外。
意外に呪文を唱えるのが大変なのは、おそらく3人プレイだからと、いたるさんがダウト失敗し続けて、大量に手札を抱えていたからw
正解にしても不正解にしても、場からカードがなくなってしまうのが痛い。
ダウト宣言して獲得するほうが楽じゃないかと考えたけれど、ここは方針転換。
手札を素早く減らす作戦だな・・・

手札が順調に減ってきて終わりが見えた頃には、トド吉もダウト宣言でトークンを獲得している。
いたるさんがウソツキ!宣言をして失敗するというのを笑いながら見つつ、ひっそり自分の手札枚数をチェック。
見ればトド吉も同じくらい少ない。
そして、ついに手札が最後の1枚に。
そんな雰囲気を出さずに、しれっとカードをプレイ。

(よし・・・手札がなくなった・・・あとは次のトド吉の手番が終われば勝てる・・・)

気付かないトド吉が、真剣にダウトするか悩んだ挙句、素直にカードをプレイしたところで、

「手札ないよー!」
「えー!最後の1枚になったらリーチって言ってよおー」
「そんなルールないから!」

手札をなくした私の勝利でゲームも終了。

人数が多いと呪文を唱えるタイミングがあるのかな?
常にウソツキ宣言していると、誰かの手札は増えたりするけれど、呪文には不利。
まぁ、ウソツキ宣言が当たれば、相手の手札を増やせた上に自分はトークンをもらえるのだから、通常はそっちのほうがいいのかな。
動物の鳴きまねをしてカードを出したり、嘘がばれた時のリアクションなど、プレイヤーに雰囲気での楽しさを依存しているので、テンション高めで盛り上がって遊ぶのがおすすめです。