・黒赤黄
 Schwarz Rot Gelb Extreme(Amigo:2017)


黒赤黄

自分の前にカードを並べていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

正方形のカードには、色・形・マークがそれぞれ描かれています。
これらをよく混ぜ、裏向きでテーブル中央に広げます。
得点カードを裏向きでシャッフルして山にしておきます。
ゲームは全員同時に。
中央からカードを1枚取り、自分の前に決められた条件で並べます。
並ぶ列の一番右端と比べ、何らかの要素が一致していてはいけません。
要素には色の数・形の種類数・マークの総数があり、すべてが違うカードなら、並べることが出来るのです。
置くことが出来ないカードは表向きのまま中央に戻しますが、このカードは誰でも使用可能。
誰かが7枚並べたらラウンド終了。
それぞれ得点計算をし、間違いがなかった枚数が一番多い人から得点カードを取り、次のラウンドへ。
5ラウンド終了後にゲームも終了となり、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まずは1枚。
これがとてもわかりやすいと、ちょっと安心するw
次のカードを取って、さっきのカードと比べる。

(色の数よし、形の数よし、マーク・・・うわ同じ数じゃん!)

ダメならそっとテーブル中央に戻し、急いで次のカードを取る。
そしてまた見比べる。
最初、いまいち理解出来ていなくて、カードをめくるたびトド吉に聞いていました。

「ねぇ、これ置けるよね?」
「うーん・・・わかってないよね?」
「わかってないね!」

最初の1ラウンドは練習モード。
わかってくれば、ちゃんと自分でも判断出来るように。
最初はマークの数と形の数が頭の中で混ざり、なかなかピンとこなかったという。
形は○・△・□の3種類のうち何種類かっていう種類数、マークは描かれているマークの形関係なしに総数ってことらしい。
日本語って難しい・・・
黙々とカードを並べ、違うとか独り言を言いながらも何とか並べていたら

「ストップ!」
「え?まだ5枚しか並べてないよ!」

でも枚数は関係ない(いや関係あるけど)。
要はどれだけちゃんと並べているか。
間違っていたら、それ以降は成功枚数にならない。
トド吉の列からカードチェック。
・・・間違えていない。ちっ。

次に私のをチェック。
もちろん間違っていない!
得点カードの高い数字のほうをトド吉が持っていったので、私は低いほうを。

とまぁ、何ラウンドやっても勝てないわけで。
そのうちやる気が失われていく。
ずっと2番目だと点差が縮まらない。
そんな私にチャンス到来。
1位なら10点、2位なら1点。

これだーーーーー!

やる気アップw
カードを取る。
要素が少ない!ラッキーだ!
次のカードは・・・逆に要素が多い。
なら数だけチェックしてカードを置き、次のカードと今日一番のスピードで並べる。

「出来た!じゃないやストップ!」

何となく、トド吉の優しさがあったような気がするけれど、気にしない。
もちろん10点を獲得したものの、それだけでは追いつけるはずもなく。
はい、負けましたw

これは苦手な人は絶対苦手なやつ。
最初に目が慣れるまで練習必須。
あまりに点差がつくとやる気が失われるので、出来るだけ人数多めが良いかとw
もっとも・・・練習しすぎて早すぎる人は、頂上決戦をやってもらって見学したい。