・リフルート
 Riff Route(LOGiS:2016)


リフルート

自分の小魚をサンゴ礁目指して進めていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ボードのスタート位置に並ぶ小魚たちと、反対側にゴールとなるサンゴ礁。
サンゴ礁には、小魚を食べるモンスターフィッシュ。
ゲームの目的は、自分の小魚をサンゴ礁に到達させるか、他プレイヤーの小魚を全滅させて生き残る
かのどちらか。
手番がきたらダイスを2個振り、出た目に応じて魚を動かします。
魚たちはいずれも前進あるのみで、後ろへ戻ることも斜め移動することも来ません。
モンスターフィッシュは上下と前へ動し、小魚がいるマスに入ると小魚を食べてしまい、食べられた小魚はゲームから除外します。
小魚は、自分の色なら上下前方へ動かせますが、他の人の小魚は前へしか動かせません。
これを繰り返していくだけ。
誰かがサンゴ礁に到達するか、1人だけ生き残った状況になったら、そのプレイヤーの勝利でゲーム終了です。

ルールを聞いた瞬間、これは腹黒くないと勝てないな、と思ったり。
他の小魚をモンスターフィッシュの餌にしておいて、自分は上手くかわしてサンゴ礁へ行く。
使う小魚の数は好きに設定出来るので、あっさり終わってしまう2人プレイは全部使用で。
うん、賑やかw

ダイスを振ると、1つは赤い小魚だけど、もう1個はモンスターフィッシュ。

「ならば前進だ!」

モンスターフィッシュがサンゴ礁から発進。
誰のものでもない赤い小魚は前進あるのみなので、こちらも発進。
いや、餌になってもらおうかなって・・・(ぉぃ

トド吉の番がきて、ダイスは黄色と青の小魚。
黄色は私の色だから!とアピールするも、黄色も青も前進。
このまま平行線だと、私の小魚が食べられてしまう。
トド吉小魚こい・・・こい・・・と念を込めてダイスを振る。

「きたー!青きたー!あとモンスターフィッシュ」

モンスターフィッシュ前進ののち、トド吉の小魚も前進。
じわじわと距離が縮まってくるモンスターフィッシュと小魚の差。
誰のものでもない小魚を餌にしつつ、静かにトド吉と私の小魚たちも攻防中。
何とかモンスターフィッシュをトド吉の小魚に当てたくて、1つ下に移動させれば、トド吉は1つ上に移動させてくる。
静かだけれど、自己利益だけ追っている大人の醜い争いw

しかしダイスは私に味方した。
他の小魚でモンスターフィッシュを足止めしつつ、自分は一気にサンゴ礁へ。
小魚は、自分からモンスターフィッシュには特攻出来ないのです。
モンスターフィッシュが浮上するか、私がサンゴ礁に突入するかのレース。
結果、私の小魚がサンゴ礁へ到着してフィニッシュ。
私の勝利。
もう1回言っておこう・・・

私の勝利!

いやー、本当にままならないレース。
小魚の数を増やしたことで、誰のものでもない小魚を犠牲に出来るけれど、自分の小魚が進めない。
飛び越すことも出来ないので、その場にいるだけの小魚に。
確かに小魚は多いほうが面白い。
5歳以上のゲームですが、大人が遊ぶと胃がキリキリするような感覚になります。

高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:リフルート / Riff Route