・クイビット!
 Quibbit!(LOGIS:2016)


クイビット

カードを失くさないように、自分のカエルを進ませていくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

3枚の特別なタイル間に、各プレイヤーの色の葉を並べて場をつくります。
各プレイヤーは、自分用のカードセットを持ちます。
スタートプレイヤーのカエルを先頭に置いて王冠をのせ、後ろに時計回りの順で各プレイヤーのカエルを置きます。
ゲームはラウンド制。
どのカードを使うのか秘密裏に選んで一斉に公開する計画、出した数字が小さい順にカエルを移動させていく移動、最後に使ったカードを処理したらラウンド終了。
移動先が自分の色、もしくは花のタイルだった場合、使ったカードは手元に戻ります。
これを繰り返していき、ゲームの終了条件は3つ。
生き残ったカエルが1匹になった場合、その人の勝利で終了。
同じラウンドで全員が脱落した場合、王冠をのせていた人が勝者となり終了。
先頭のカエルが最後尾のカエルを追い越してしまった場合は、ラウンド終了を待たず直ちに終了で、追い越した先頭のカエルが勝者になります。

2人の場合は、誰のものでもないカエルが加わります。
今回は赤いカエルを誰のものでもないカエルに。
このカエルのカードは、裏向きの山札にしておき、計画が終了したら1枚めくり、他のカエルより先に移動します。
このカエルに限り、すべてのカードを使ったら回収してリシャッフル。
そして、誰のものでもないカエルが、ものすごく邪魔をしてくるのでした。

まずは1枚選ぶ。
カエルは小さい数字を出したほうから進むけれど、その前に赤いあいつが移動するわけで。
とりあえず3か4で出してみるか・・・

「せーの!」

トド吉は4で私は3。
そして赤いあいつは・・・3。
これによって、赤いあいつが3進み、それを飛び越えてしまうので私は4タイル分の移動。
そしてトド吉は最後の移動なので、実質6タイル分移動していってしまうわけで。

「ぎゃー!」

自分の色を狙ったのに、カードを捨てなきゃいけない状況。
花ならセーフ。
赤いあいつとトド吉が使った数字を覚えておいて、次の計画。

数字が小さい順に動くので、どの程度の数字を出そうか考えつつ、赤いあいつが今までに何を使ったのかも覚えておかないと。
でも自分の数字を考えるあまり、覚えていたはずが忘れていくというw
そのうち、カードは手元に戻ってくるけれど、小さい数字ばかりで進めない私。
どんどん引き離され、気づけば王冠をのせたトド吉カエルが迫ってくる。

に、にげないと!

こうなると、他の人のカードがどうとか冷静に考えていられない。
ひたすら逃げ。
でも大きい数字を出したら処理が後になった上で、トド吉に追い越されてしまうかもしれない。
だったら、どの数字を出せばいいんだ・・・
焦って考えが雑になると、途端にカードが手元に戻ってこない。
そんなものなのですw

抜くか抜かれるか、そんな状況のままで残りカード2枚。
カードがなくなったら、早々に脱落してしまうのです。
脱落しないように、それでいて追い越されずに。
運命の最後。
赤いあいつの移動後、トド吉もカードを捨てることに。
私は手元に戻せた。
ということは、がんばれば最後まで残れる。
ビリを移動している私にとって、むしろ赤いあいつが先頭にいけばいいと思っている。
まだ抜かれてしまう範囲内だった最後。
抜かれずにトド吉脱落。
私も最後の1枚を出して、脱落はまぬがれた。
ということで、脱落しなかった私の勝利。
あぶなかった・・・

まず、王冠をのせたカエルがかわいいw
短いコース上を飛び回るレース的なゲームだけれど、カードの使い方によっては脱落の可能性。
他のカエルが先に移動して邪魔してくるので、そこを予想しつつどう移動していくか。
簡単なのにちょっと捻ってあるゲームで、遊びやすくて楽しめていいなぁと思いました。

高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:クイビット! / Quibbit!