・いろどりシティ
 Multi City(LOGIS:2016)


いろどりシティ

手持ちのコマを早く置ききるゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーはどの色を使うのか決め、街コマ6個を受け取ります。
それぞれ色が、樹木や住民などの街のパーツになっています。
敷地カードをシャッフルして、裏向きの山札にしたらゲームスタート。
手番がきたら、敷地カードを配置するか、敷地カードの上に自分の街コマを置くかのどちらかを実行します。
敷地カードは、すでに配置してある敷地に辺が接するように置かなければなりません。
街コマを置く場合、街コマの両端にあたるマスが街コマと同じ色のマスじゃなければいけません。
ただし、工事中のマスに重なるようには置けません。
これを繰り返し、誰かが街コマ6個すべてを置ききったら、その人の勝利でゲーム終了。
もしくは、敷地カードの山から最後の1枚が置かれたら、各プレイヤーが1個ずつコマを置き、手元に残った街コマがもっとも少ない人が勝者になります。

ルールを聞いた限りでは、簡単な配置ゲームかな?と思ったら、そうではありませんでした。
いや、ルールは簡単なのですが・・・
最初は、敷地カードを置きながら、自分が持つ街コマと見比べて。
持っている街コマは、2マスや3マスと1個ずつ使うマス数が、すべて違うのです。
こういう時、たいてい残ってしまうのは最大のコマ。
置く場所を確保するため、せっせと敷地カードを置いていく。
ところがうっかりしていると、他の色の街コマを置かれてしまい、自分のコマが置けない。
むしろ頻繁に発生するのです。

「敷地カード引いて置く」

自分のコマを置くために配列をつくり、端と端に自分の色がくるように。
ところが・・・

「ここにコマ置く」
「がーん!」

遮る形でトド吉にコマを置かれてしまう。
逆も然り。
トド吉がせっせと敷地カードを並べているところで、私が自分のコマを置いてしまう。
もうお互い様w

置かれてしまうかも?というのを念頭において、自分のコマが置けるようにしなきゃいけない。
敷地でパズルをやりながら、適切なタイミングでコマを置く。
想像よりガチなゲーム。

とはいえ、コマが6個なのでゲーム終了もあっという間。
6のコマを置こうと場所をつくっているうちに、トド吉が私の色を横断する形でコマを置いてゲーム終了。
油断した!

もちろん、続いてもう1ゲーム。
景観が変わるので、他の色を使ったりしつつ。

ゲーム終了時の見た目が最高に良い。
ちゃんと街が出来上がってくるのです。
2人プレイだからさみしいけれど、4人プレイで全部のコマを使えば、かなり賑やかな街を再現出来るはず。
そして、見た目だけではなく、ゲーム内容もかなり好み。
置こうとしていたら置かれ、置けそうならよそ見をせずに置いていく。
ルールはいたって簡単なのに、簡単なパズル要素を入れるだけで、しっかりしたゲームになっています。

より簡単なルールなら、工事中のマスもコマを置くことが出来ます。
最初に間違えてこのルールで遊んだら簡単すぎ。
ルールをちゃんと確認したら、工事中のマスの上を遮る形では置けないのでしたw
ひたすらマスの数を数えたり、残りのコマがいくつなのか、短時間で遊べるのに骨太なゲームでした。

高円寺0分すごろくや ゲーム紹介:いろどりシティ / Multi City