・マンモスハンター
 Lecker Mammut!(Amigo:2017)


マンモスハンター

条件が揃ったらこん棒を叩き、出来るだけ多くの動物を集めていくカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブル中央にこん棒を置き、配られたカードを自分の前に裏向きの山にして置きます。
手番がきたら、自分の山のカードを1枚ずつ広げていきます。
自分のカード山をすべてめくったら、次の人の手番に。
これを繰り返していくだけです。
カードには色と動物の要素があり、カードが広がっていく中で、1つの要素が3枚以上になったら要素を宣言しつつ素早くこん棒を叩きます。
最初にこん棒を叩いたプレイヤーは、宣言した要素のカードをすべて取り、自分の前に表向きの山にして置きます。
誰かがすでに獲得したカード山も対象で、取る時はカード山すべてを取ります。
ミスをした場合、表向けた次のカードを取って、裏向きのまま自分の前に置きます。
全員が自分のカード山を表向け、誰もこん棒を叩かなければラウンド終了で、ペナルティが一番多い人は獲得したカード山を1つ戻し、それぞれ獲得した枚数を数えて記録します。
プレイヤー人数分のラウンドをやったらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

カードをめくるのはトド吉から。
1枚ずつゆっくりめくられていくカード。
動物の種類が多いので、その都度「これ何?イノシシ?」とか聞きながらw
そして、色や動物が2枚出てからが勝負。
今か今かと待つ。
そして・・・

ばーん!「ピンク!」

ピンクのカードを3枚取って、自分の前に山積みに。
でも一瞬獲得しただけ。
何せピンクでつくった山だから、次にピンクが揃うと取られてしまう。
だったら・・・違う要素、動物だ・・・
クマを私が先に盗ればいいんだ!
そう上手くは出てこないわけで。
それでもしばらく待ったら出てきた。

バーン!「クマー!」

ドヤ顔でクマを回収し、黄色いクマを一番上に。

「手が痛い・・・」
「強く叩きすぎでしょ」

つい、力がねw
序盤から中盤はどうでもいい。
問題は後半。
どんどん重なっていく山札を取れた時の快感。
そしてなぜか「お先に失礼しまーす」と言いたくなってしまう不思議w
そのかわり、取られた時の悔しさはたまらないw

「むききー!」
「仕方ないでしょ?」

私がカードをめくる番になり、わかった・・・めくってから考えては遅いw
トド吉がどんどんカードを取っていく。
こうなれば違う要素で新しい山をつくってやると燃える。
最初のラウンドはお互いにカードを獲得したものの、少しトド吉が多め。
次だ・・・次のラウンドで勝負だ!

そして次のラウンド、最後の最後でトド吉がまさかのミス!
これによりカード山が1つしかなかったトド吉は戻すことに。
そしてこれが致命的になり、なんと私の勝利。
1回のミスが響く、手に汗握る展開でしたw

最初、取ったカード山の一番上だけを取るのかと勘違いし、遊んでみたら何か変。
よーく読んでみたら、山ごともらえるということで、俄然力が入りました。
瞬間の判断力を競う形になるので、こういうのが得意な人は早いんだろうなぁと思います。
こん棒を強く叩きすぎないよう、注意が必要ですw

Lecker Mammut!: AMIGO - Kartenspiel
Henri Kermarrec
Amigo Spiel + Freizeit
2017-01-30