・ハルマゲドン
 Armageddon(Queen Games:2016)


ハルマゲドン

ハルマゲドンからの再興を目指し、自分の都市を発展させていくゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブルには大きなボードを置き、ゲームを通してプレイヤーが手に入れる装備や建物、得点トラック、ラウンド表示などが描かれています。
各プレイヤーは、自分用の街ボードと衝立、最初の生存者などを持ちます。
ゲームは6ラウンドで、3ラウンド目に中間得点計算が、6ラウンド目に最終得点計算が発生します。
各ラウンドは4つのフェイズで構成され、ラウンドの準備をする準備フェイズから始まります。
次に、装備と生存者を手に入れる探検・建物を手に入れる建物・アクション数に使う街の3ヵ所で行うオークションフェイズ。
入札するのは各場所に1回ずつ。
入札には生存者コマを使い、最多の人にはボーナスが入り、最少の人にはペナルティが発生します。
次に各オークションエリアの解決をしていく解決フェイズがあり、最後に略奪者を倒すことが出来たかと生存者を養う居住ポイントがあるのかチェックしたらラウンド終了。
これを6ラウンド行い、最終得点計算をしたらゲーム終了。
もっとも得点の高い人が勝者になります。

自分用の街ボードを見ると、最初の居住ポイントとなるカードのイラストが描かれていて、一番右端は拡張タイルで封鎖されています。
最初に持つ生存者コマは6個なので、その分の居住ポイントはあるということに。
得点源になるのは、街ボードに配置する建物に描かれている得点、そしてアイテムを集めることで得られる得点がメイン。
良いカードを早く取るには、入札でより多い生存者を置く必要があるので、生存者コマはどんどん欲しい。
けれど、ラウンド終了時に居住ポイントをチェックし、はみ出した生存者コマは捨てつつマイナス点。
建物も増やしていかなければいけないわけで。

知ってるぞ・・・こういうゲームは初回で失敗するやつだ!

という予感は的中するわけですがw
何といっても入札がすべて。
良いアイテムと生存者を手に入れるのはここだし、建物も居住ポイントや効果の大きいものが欲しい。
さらに言えば、アクション数もそこそこ欲しいから街にも置かなきゃいけない。
全部・・・全部で一番取りたい(無理)。

とりあえずアイテム集めは、クローズで良い得点源。
最初にもらった指針的な感じに使える得点タイルだと、青い生存者かアイテム数。
どちらにするかは終了次第。
ならば、青い生存者で効果を発揮する建物が欲しい。
そして、持っている緑の生存者を青に変換する効果が欲しい。
そんなのみんな欲しいに決まってるw
そして熾烈な入札競争に突入するのです。

入札は各場所1回のみ。
偶然にも最後手番だったので、他の人の動向を窺いながらの入札。
これは楽だw
むしろスタートプレイヤー取りたくない。
そんなぬるま湯プレイ順だったくせに、早くも2ラウンド目には遅れをとる始末。
なんかこう、いまひとつ組み立て不足だったというか、アクション数を甘く見たというか。

生存者数は衝立の後ろなのでばれないけれど、居住ポイントの時にはばれることに気づく中盤。
他の人より少ないけれど、そんなことを感じさせないような強気入札w
建物を増やし、居住ポイントが増えてきた頃、ようやく戦える感じに。
尚、この頃にはおやじさんとトド吉は、明らかにすごい数の生存者を使い、得点もばんばん入ってきていました。
得点ボードの周回遅れだけはいやだ!

そんな念が通じたのか、アイテムの同じ物集めが上手くいく。
アイテムによって1枚なら、3枚あれば的な得点方式なので、ひたすらアイテム重視。
最後の得点計算を青い生存者ではなく、アイテム数にしてもいいわけで。
早々に開放した拡張タイルで生存者はまかなえていたけれど、どんどん増えていく中盤以降、ついに居住ポイントが下回る事態に。

「2ポイントたりませーん!」
「はい、2コマ捨てて−4点ね」
「がーん」

ちょっと待ってw
このマイナス点大きくない?(今頃)
急ぎ建物を・・・いやでもアクションでアイテムももらいたいし、でも生存者のマイナス点痛すぎる。
この時、改めて気づくのです。
入札時の最少ペナルティ、そしてあふれた居住者減点がすごく痛いことに。
むしろ、それがなかったらこんなに点差がつかなかった感じ?

中間得点計算で少しでも差が縮まるかと思ったら、みんなそこそこ得点源持っていたので差が縮まらず。
しかもトド吉がスタートプレイヤーになってしまったので、私の入札が2番目。
つらい!
それでも欲しいところは全力。
どうでもいいところは観察。
これが功を奏し、建物をアップグレードしたり、アイテム集めたり。
おやじさんとトド吉のアクション数入札が、おかしい数になっているのを笑ってみていたり。
ペナルティ受ける場所が3ヶ所から1ヶ所になるだけでも違うもの。

でも終盤はかなり上手くまわってくる。
略奪者を倒さなくたって何とかなる!と思っていたけれど、その減点すら痛い。
とにかく減点を減らし、得点になるアイテムを集めたり、勝利点が書いてある建物を狙ったり。
いや・・・遅いし、すでに得点が周回遅れなのは確かなんだけれど。

そして6ラウンド目が終わり、最後の得点計算。
ここでアイテム炸裂。
さらにアイテム枚数のボーナス点も加算。
が!先頭を走る2人には到底追いつかず・・・勝ったのはトド吉。

ゲームが終わってみると、なんと2時間経過。
セットアップの時間は入れず、インストから4人プレイで2時間かかりました。
クイーンの最近のゲームと比べると、重量的というか物質的にも重い。
片手で箱を持ち上げようとしたら、かなりずしっと。
油断してると手をひねりますw
内容もコンポーネントに負けない重量感がありますが、終わった後はさっぱり感があるというか。
どうがんばっても途中で追いつけないので、大好きな俺の街つくりになってしまうというか。
得点源は限られているので、出来るだけマイナスを受け取らないのが大切でした。
そして、建物はアップグレードもいいけれど、新規の建物大切。
居住ポイントが増えなければ生存者も増えない。
生存者が少ないと入札で勝てないし、勝てなければ良い建物もアイテムも取れない。
きちんとすべてがつながっているので、組み立て大切です。