・ラビットラリー
 Ruben Rallye(HABA:2016)


ラビットラリー

ゴールを目指して自分のウサギを進めていくゲームです。
3人でプレイ。

ゴールには黄金の人参。
自分のウサギをゴールまで進めて、人参を獲得するのが目的です。
手番がきたら、まずダイスを振ります。
出た目と同じ色の橋がどのくらいか、目測で測って石を置きます。
そして実際に橋をのせてみて、ちゃんと橋がかかればウサギが進みます。
もし橋が落ちてしまったら、ウサギは現在の場所から動けません。
これを繰り返していくだけ。
自称6歳以下のゲーム会」にて、障害物入りで遊んだのがとても楽しかったので紹介します。
この時使ったのは、「ワニに乗る?」のコンポーネント。
これを全員で好きなように配置します。
すべて障害物となるので、ウサギは避けながら進まなければいけなくなります。

実はこれが障害物になるとは思わず、すごく適当に並べました。
そしてゲームが始まって、思いのほか邪魔をしてくる障害物に困ったり、上手く利用したりしていくことに。

スタートと同時に、運よく緑が出る。
いつもは弱気だけど、今日は強気!6歳だもの!と、目測で危ないかな?という場所に石を置く。
何とかぎりぎり・・・というか、ちょっと斜めに橋をかけ、角でぎりぎりのったw
こういう時上手くいくと、歓声があがるので気持ちいい。
これが2人だと褒められることがないw

1人リードしたものの、なんと中盤からは紫しか出ない。
序盤のリードは中盤以降のダイス目次第。
あっという間に抜かれてしまう。
何とか・・・せめて青でもいいのに。

上位2人が紫で苦しんでいる頃、最後尾から青や緑でどんどん追いついてくるウサギが。
逃げるウサギ、追うウサギ。
最後は青い橋でゴール!
黄金の人参ゲット。

その後、残るウサギたちのレースを見物。
すごいデッドヒートが繰り広げられていて、目が離せなかったというかw
役に立っていたのが障害物。
細い通路をふさぐ形で止まると、後ろからくる人は迂回するか待つしかない。
これはいいね!w
戦略を上手く使って、後ろを完全にブロックしつつゴールしてました。

このゲームの見方が変わりました。
ちょっと大人には簡単かな?と思っていたのと、抜けてしまえばダイス目次第でゴール出来てしまうところが気になっていました。
今回のこの遊び方はかなりいい。
障害物の置き方で、レースの難易度がかなり変わります。
わかっていたら、もっと難しい置き方をして自爆したのに(ぉぃ
終了後、1位のおやつをいただきましたw