・ジャングルマーケット
 Coco Razzi(selecta:2008)


ジャングルマーケット

ジャングルの商人となってマーケットへ果物を運びながら、サルのボンゴで他の果物を奪いとっていくゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分の色を決めて果物チップとカゴを受け取ります。
箱を使ってジャングルを組み立て、それぞれスタート位置に果物をのせたカゴを置きます。
果物チップは常に裏向きで使います。
ゲームの目的は、3つのカゴを使って果物をマーケットへ運ぶこと。
無事にマーケットへ運んだ果物と他人のカゴから奪った果物が、ゲーム終了時得点になります。
ただし、他人のココナッツはマイナス点。
手番がきたら、カード山からカードを1枚引いて、描かれた指示に従うだけ。
移動・新しいカゴをスタートに出す・ボンゴを動かす・チップを覗く・果物の交換。
ボンゴを動かす場合だけダイスを振り、出た目の色に木を差して、ボンゴを動かします。
これを繰り返し、誰かが5枚のチップを集めたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まず見た目が最高w
ボンゴは2本の木をスライド移動していく仕組み。
裏向きの果物は、得点になる果物をマーケットへ運んで、ココナッツは他人に奪わせたいところ。

まずはカードをめくる。

「3歩移動しまーす!」

自分のカゴを3歩進ませる。
誰かがいるマスは、通過することは出来るけれど入ることは出来ないので、そもそも動けない場合も。
道を塞いでしまえと意地悪心がむくむくとw
そうは上手くいかないわけで・・・

「ボンゴでた!」
「移動を選んでもいいのよ?」
「いやいや、サルを動かしてなんぼでしょ!」

ダイスを振る。
出た目は赤と青。
動かされていく木をじっと見つめる。
良い場所にさせれば、その下にあるカゴが・・・
指でボンゴをスライドさせている途中の出来事でした。

「カシャーン!」

「あ!盗られた!」
「ひょー!」
(まぁ・・・あれはココナッツだからいいけど)

そのままチップを確認し、裏向きで自分のバスケットに置く翔さん。
果物を取られてしまったカゴは、手元に戻ってくるので、再び果物をのせて待機。

たった5枚のチップを手に入れるのが大変w
疑心暗鬼でなかなか他人の果物を盗らなかったり、いい場所にボンゴがいかなくて盗れなかったり。
そして、ようやくトド吉が5枚集めたところで終了。
いざ得点計算。
開けてみると、5枚持ってるトド吉が得点も高い。
翔さんは私のココナッツ2枚も持ってて、それだけで−2点・・・w
トド吉の勝利で終了となりました。

喜んでボンゴ奪取するけれど、チップを見た時にココナッツだった時の衝撃。
自分のココナッツなら0点だけれど、他人のココナッツは−1点。
果物なら、自分のも他人のも1点なので、本当にココナッツは痛い。
そも自分が上手く仕込んだ時は、思わずにやりとしてしまう。
ジャングルって恐ろしい!

セレクタだけあって、木製のコンポーネントは見た瞬間テンションがあがりました。
ゲームもすぐ終わるし、楽しかったです。