・エレメンツ
 Elements(Pegasus Spiele:2016)


エレメンツ

手札の値をコントロールし、勝負することで勝利点を獲得するゲームです。
トド吉とプレイ。

使うカードは16枚で、1から6のカード。
シャッフルしてお互い6枚ずつ持ったら、残りは使いません。
手番では、5種類のうち1つを選んで実行していきます。
手札を場に出す、場に出ているカードを1枚取って自分の前に並べる、6を捨てる、勝負をかける、敗北宣言をするのどれか。
このゲームでは、自分の手札の合計値が相手より高く、それでいて場に公開されているカードの合計値より高くしてはいけません。
勝負をかけるを選んだら、まず自分の手札を公開し、上限枠以下か確認します。
次に相手も手札を公開し、上限枠をこえていたら手番の人に勝利点が入ります。
もしお互いに上限枠内だったら、合計値の高いほうに勝利点が入ります。
敗北宣言をすると、相手に勝利点が入ります。
再びカードをシャッフルするところから繰り返し、ラウンド終了時にどちらかが6点以上だったらゲーム終了です。

大きなカードをシャッフルして、それぞれ6枚。
残りは何なのか知ることはありません。
とはいえ、全部2枚ずつで6が6枚なので、ある程度の予想は可能。

場の数字をコントロールしつつ、自分の手札を上限内で出来るだけ高く。
わかっているけれど・・・難しい!
安易に6を出してしまえば上限は上がるけれど、トド吉だって有利になる。
ここは2枚ずつしかない数字で、じわじわと・・・

「勝負!」

えぇ!?
ちょっと待って。
さっき手札の合計値下げたばかり・・・

トド吉が手札公開。
うん。上限値以内だね。そうだね・・・私より合計値高いね(´・ω・`)

次に私の手札公開。
いや、もうわかってるから・・・わかってるから・・・
トド吉に点数が2点。
この点数が星型のトークンでかわいいw
私も欲しい!

使われなかったカードが何なのか、特に見なくてもわかるのが良いところ(?)
さっさとシャッフルして、次の勝負。
星型トークン欲しいもの。

でも、手札が減ってくると勝てないのがわかるわけで。
出し方失敗したかな・・・

「カード引き取る」

これで手元に6がきた。
場にも6あるし、次に勝負いける!と思ったら、

「俺もカード引き取る」

えぇぇぇ!?場の合計値がいきなり下がった!
これじゃ勝負出来ない。
仕方ないので手札からカードをさらに出して・・・どれにしよう。
それじゃこれで、と出した1枚。
待ってましたとばかりに、トド吉から「勝負!」の声。

うおおおおおおおお!
なぜうまくいかないの!
ちゃんとカウンティングしてるのにぃぃぃぃ(´;ω;`)ウゥゥ

とまぁ、このまま星型トークンはトド吉の元に積もり、まったく歯が立たないというか。
勝てる気がしない。
でもまだやる。
そして、最後の最後で負けてしまう。
なぜだ・・・

2010年賽苑が出していた「クメル」がペガサスから発売になり、それを日本語版としてアークライトが出したもの。
あの頃のゲムマはまだ都産貿でした。
賽苑では、ネオスがすごく好みです。
常々ネオス派と言っていたんですが、再びそれを実感することになりましたw