・ボルネオ
 Borneo(dV Giochi:2007)


ボルネオ

会社でより高い地位につけて、交易品を入手し、得点を獲得するゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ボードには、4つの貿易会社と港、積み荷が並びます。
ゲーム開始時、各プレイヤーは4つの会社に自分のマーカーを置いていき、その会社での地位を確定させておきます。
港に並ぶカードには、旗とカードの上限が描かれています。
手番がきたら、4つのアクションを実行します。
持っている積み荷カードで任務の達成、各社に置いてあるマーカーを他社へ移動、積み荷カードをプレイ、積み荷カード山から2枚引くの順。
積み荷カードのプレイだけは、必ず実行しなければいけません。
港に積み荷カードをプレイした際、旗の本数を達成したら独占で、社内で積み荷を分配します。
カード枚数上限を達成したら山分けで、旗の本数が多い順に各社トップに分配されます。
いずれの場合も、条件を達成した最後のカードを出した人は、港カードを獲得出来ます。
これを繰り返し、港カードを引くのに山札が足りない、もしくは積み荷カードを引くのにカードが足りない状況になったら終了フラグ。
港に出されている積み荷カードと手札をすべて捨て、達成出来るなら1回ずつ任務を達成させゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まずは各社にマーカー置き。
所謂カタン置きなので、スタートプレイヤーから1周したら、今度は逆回りで1周、そしてまたスタートプレイヤーからと続き、各自4つのマーカーを配置。
私は青と黄色でトップを取った。
トップを取ってしまうと、自分でがんばらないと分配はやってこないわけで・・・

港は3枚並んでいるので、どこへ出してもいい。
積み荷カードは、そのまま見れば旗が4本。
次に上乗せされると、下1本は隠れてしまう仕組み。
これを踏まえて、どの会社の旗を規定数にするか、それともカード枚数上限でいくか。
2社のトップなら、自分の会社の旗を細かく積んで分配がいいわけで。
そうはいかないのが、プレイするカードが1枚というところ。
それぞれ社内の位置を確認しつつ、2枚あれば自分まで回ってくるとか、3枚なら・・・と考えながら。
これに乗り遅れてしまったのが私。
やはり独占のほうが早いか。

でもこれでは得点にならない。
手に入れた交易品を使って、場に並ぶ契約を達成しなければ。
同じ交易品でかためていき、狙うは1枚しかない20点。
ところが・・・

「契約達成します。これ!」
「あ゛ー!」
「狙ってたのにー!」

全員が狙っていたというw
しかも、この20点を取るために偏らせた交易品では、他の契約が厳しい。
何とか8点は達成出来たけれど、今から他の交易品を手に入れ・・・無理!
こだわりすぎは良くない。
しかも、交易品の入手も出遅れていたので、かなり影響。

さらに、2枚ずつカードを引いていくので、すごい勢いでゲームが終了に向かっていく。
他に・・・他に達成出来る契約はないのか、自分の倉庫と契約を交互に見つめるも、最後に何か入手出来れば何とかなる?といった感じ。
2社のトップにいるくせに、自社の旗で決められないのがもうダメw
少しでも便乗しておくべきだった・・・と後悔しても遅く、ゲーム終了。
最後に1回だけ契約のチャンスがきたけれど、1枚足りずに達成ならず!
勝ったのはトド吉。
もちろんビリなのは私だったけれど、トド吉とダブルスコアだったという。

大きく狙うより、他の人の様子を伺いながら枚数を手に入れないと話にならない。
それはわかっているけれど、上手くいかないわけで。
終わった後、というより遊んでいる間もなんだかちょっと物足りない感じがしました。
3人だったからか、社内の順位を無理してあげる必要もなく、カードを上限で捨てるくらいなら攻撃しようか?といった感じでした。
5人がいいのかも。