・シルクロード
 Seidenstrasse(DDD:2009)


シルクロード

3隊のキャラバンを移動させ、物資を手に入れ高値で売り、宝石を入手していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードには、各都市とキャラバンが進む道、交易品カードの置き場が描かれています。
各プレイヤーは衝立を持ち、最初の交易品カードを受け取ります。
手番がきたら、5つのフェイズを順番に行います。
まずはキャラバンを移動させるためのカードを置き、次にキャラバンを移動させます。
手札を補充し、キャラバンが動いた先のマスに描かれているアクションを実行。
最後に、場札が減っていれば3枚になるよう補充したら手番終了。
キャラバンが目的地に到着したら、交易品を売れる人が宝石を獲得。
キャラバンは次の目的地を決めて宝石を補充しますが、この時サプライのキャラバンと入れ替えます。
これを繰り返し、補充する宝石が足りなくなったら、そのキャラバンをゲームから除去。
残ったキャラバン2隊のうち1隊が目的地に到着したら、残ったキャラバンを目的地に移動し、最後の売買をしてゲーム終了。
宝石をセットにして得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ボードは両面仕様で、今回はトークンが印刷されたほうを使用。
裏面はトークンをランダム配置する、より上級の遊び方が出来るようです。

このゲーム、手札管理が大切。
というのも増やすのが大変。
でもキャラバンが目的地に着くと、宝石の分配は自分の前に出している交易品カードで決まる。
もっとも多く出している人だけに入手する権利があるのです。
この出したカードの半分を売却することで、宝石を手に入れるわけで。
そりゃ1枚でも多く出しておきたい。
でも補充は基本的に1枚。
こうなると、カードを増やせるラクダマスがいいけれど、当然みんなが狙っている。
もう1つ増やせる方法は、置いたカードと同じ色が動かしたキャラバンが運んでいる色と同じな時。
これで追加1枚は引けるわけです。

さてどうしたものか・・・
カード欲しさに不要なラクダ移動は危険。
あと1歩のところで止まれば、次の人が喜んで移動させる。
でも宝石は欲しい・・・まだ最多になれていない・・・うーん(悩
まだゲームがはじまったばかりだというのに、何この悩ましさ。

考えても仕方ないので、きょろきょろしつつ他とかぶらないカードを出していこう。
そう決めたけれど、キャラバンに含まれている色ならもう1枚引ける・・・
ダメだこれはwww
誰がどのタイミングで、どのキャラバンを動かしてくるかの動向も気になる。

(こんなに悩ましいゲームだったかな・・・)

何度も遊んでいるはずなのに、やっぱり悩むw
悩んでいまひとつ大きく動けない私とは対照的に、いたるさんとトド吉は悲鳴をあげながらも宝石を入手していく。
遅れをとった!
最後の得点は宝石の種類でセット計算。
違う色を集めれば集めるほど高得点。
がんばれ私!

でもまぁ、偏った出しかたをしていると、キャラバンが目的地に到着した時、おこぼれで宝石が回ってきたりするのです。
そういうところで、ちまちまと集めていく。
本当にちょっとだけw

ようやく狙っていたキャラバンチャンス到来。
の前に、なんといたるさんが徴税のマスにキャラバンを到着させる。

「あ゛ー!私だけだよ4枚以上持ってるの!」

手札4枚まで捨てます刑。
でも大丈夫。
捨てるカードは選べるので、キャラバンのために偏った残らせ方をしておける。
ただでさえ、がんばって集めたカードを捨てるとは、なんというひどいマス。
それでも何とかキャラバンを目的地へ動かし、宝石獲得。
捨てることで置いているカードは減るけれど、すぐに追いつけるはず。

ゲームは中盤になり、満を持して(遅いけど)キャラバンを目的地に到着させる。
まずはキャラバンをよく見る。
書かれている数字の大きいラクダから処理していくので、まずは私が筆頭で売却。
どの宝石を選ぶのか、それが問題。

(さっき黄色もらってかぶったしなぁ・・・なんかみんな欲しそうだしもらっておくか)

「これもらう!」
「ぎゃー!」

先に選べる喜びと、それによって狙っていたセット作成に失敗した人の悲鳴・・・プライスレス(ぉぃ
しっかり考えて悩んでうまくいった時の喜びは最高なわけで。

一度減ってしまった手札を増やそうとしていると、ゲームはどんどん進んでいくのです。
そして、まだまだあると思っていた宝石も尽き、次にキャラバンが目的地に到着すると終了フラグが立ちそうな感じ。
衝立で見えないので、他の人はもっと宝石を持っているような気がしてくる。
ちょっと焦る。
セットをつくるにはあの宝石が欲しくて、それを動かすには・・・カードが足りない!
目的地に到着したらキャラバン入れ替えるのが、地味にきいてくる。
持っているカードのキャラバンは、もうゲームには出てこないとかw

そして補充する宝石がなくなり、キャラバン除去。
これによって残ったキャラバンは2つ。
問題はどっちが先に目的地へ到達するか。
私は3頭キャラバン狙い。
じわじわと進んでいくキャラバンを見ながら、その時を待つ。
そして、多めに準備した手札を使って、キャラバンを目的地へ送る。
宝石選びは慎重に。
何せここで決まるといっても過言ではない・・・だったらこれだ!

「ぎゃー!」

この悲鳴がいいよねw
そして残ったキャラバンを目的地へ強制移送。
最後は今までとはちょっと違います。
各プレイヤーは、持っている手札をすべて自分の前に置きます。
この枚数で宝石分配が決まるという、手札にも残しておいたほうがいいよ展開。
もちろん、赤を手札に抱えていたので、宝石を見事獲得しましたw
そして宝石の得点計算。
セットにした得点を計算し、なんと私の勝利。
最後のキャラバンで宝石取れたのが勝った理由。

「黄色!黄色があれば5点のびたのに!」
「これ?私のところだと1点だね(・∀・)ニヤニヤ」

終わった後も盛り上がったのでしたw

このゲーム、こんなに良いゲームだったかな?というのが正直な感想。
入手してから思い出した時に遊ぶけれど、なぜか記事にし損ねていました。
しっかり考えて、他の人の出方や持って行った宝石を考慮しつつ、どのキャラバンを移動させるか。
キャラバンは一方通行なので、どのタイミングで分岐マスへ動かすか。
これ・・・おもしろいじゃない。
ただちょっとだけ、懐かしいような気がするだけw