・ニットウィット
 Knit Wit(Z-Man:2016)


ニットウィット

タグをつけられた糸巻きを使って、言葉を考えるゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲーム開始時に、人数に応じた糸巻きと紐を準備します。
ゲームは「編む」ところからはじまります。
手番がきたら、持っている紐1つを置きます。
この時、紐についた洗濯ばさみにタグをつけます。
最後に、紐でつくられた輪の中に、糸巻きを置きます。
すべてのプレイヤーが配置したら、次に回答。
合図と共に、回答を用紙に記入していきます。
1つの糸巻きには1つの回答を、囲っているすべてのタグの特徴を含めて書き込みます。
一番早く回答を終えた人はボタンを取り、最後のボタンが取られたら回答終了。
最後に糸巻きの番号ごとに、回答していきます。
この時、納得出来ない回答だったら、「ニットウィット!」と意義を唱えることが出来ます。
抗議されたら制限時間に説明し、投票で可否を決めます。
各自得点を合計し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

コンポーネントが凝っているので、箱を開けた姿は裁縫セットw
3人でもいけるだろうと遊び始めてみましたが・・・これ難しい。

それぞれ思い思いに糸巻きを置いていくまではよかった。
タグも箱から適当に出してつけた。
問題は回答タイム。

「生きてて合法で青いものってなんだ・・・?」

「青くて動くものって何!?」

「青いものって・・・青多いよ!」
「ほんとだよ!」

そして、トド吉が一番先に回答を終えてボタンを取る。
いかん・・・急がなきゃ。
慌てて回答を書き込んで私がボタンを取ったところで終了。

ここからが面白な発表時間w

「1番!答えは・・・〇〇」
「ない!」
「違法だし」
「えー!?オランダではいけるはず!」
「ここ日本だから!」

(´・ω・`)

そんな感じで回答タイムが進んでいくのです。
そりゃないわ!って思ったら「ニットウィット!!」

「ないね」
「ない」
「がーん・・・」

終わってみたら、私といたるさんが同点。
といっても、ほとんど不正解ばかりで6点という、低次元の争いでしたがw

これ、答えを考えるのが難しいけれど、発表している時は楽しい。
他の答えにNOをつきつけたり、自分の答えを説明で押して正解にしたり。
でも紐のかけすぎには注意が必要ですw