・キルクス・マクシムス
 Chariot Race(Pegasus Spiele:2016)


キルクス・マクシムス

自分の戦車を走らせ、コースを2周してゴールさせるレースゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

小ぶりなボードはレース場。
各自、自分の戦車をスタート地点に置き、対応する戦車ボードを持ちます。
自分の戦車の初期速度・ダメージ・幸運にクリップを取り付けます。
ゲームは1ラウンド中、各戦車が1回ずつのターンを行います。
ターンでは、任意で修理、そしてスピード調整をします。
次にダイスを振り、幸運の女神の助けを受けたら、戦車を動かします。
最後にダイス目によっては攻撃することが出来ます。
これをすべての戦車が実行したら、ラウンド終了で次のラウンドへ。
プレイ順は、ラウンド終了時の戦車の位置で決まります。
ラウンド終了時、いずれかの戦車が2周目のゴールラインを越えていたらゲーム終了。
2周目を完了させた戦車の中で、もっとも先頭にいる戦車が勝者です。

今回は3人プレイなので、1人2つの戦車を動かします。
私は黄色と茶色という似たような色で。
見た目的には6人レースw

そして、いざスタート!
最初はどの戦車も呼称していないので、全力ダッシュしたいけれど早々にカーブ。
カーブは3種類あり、より減速していないと痛い目に合うのが内側。
そりゃ外側を通るよね。
と思ったら、早くスタートしていった戦車が鉄ビシまいた!
そうこのレース、すごくとんでもなレースなのです。
迂闊に近くにいると、槍を投げつけられたりするのです。
でも気にしちゃいられないw

多少の故障は何とかするとして、早く2周しなきゃ。
そこはダイス運なので、スピード調整しつつ鉄ビシまいて。
1周することには、コースの上が鉄ビシだらけw

2周目に入ると、割と管理が大雑把に。
「鉄ビシ?関係ないね!」とばかりに、猛スピードで突進していき自爆状態。
女神様助けてー!と言ったって、幸運トラックに余裕がなければ無理。
その点、私の戦車は最初から女神様の力が強いので、ここで発揮。
そして鉄ビシを・・・w

傷だらけの戦車レースも中盤。
ここで私の戦車1台が猛スピードで飛び出す。
槍でさされない範囲に行かなきゃいいのです。
もう1台は・・・まぁ犠牲になるわけですが。

こうなると追いつかない先頭の戦車を狙うのは諦め、後続で醜い潰しあいが始まるのです。
鉄ビシをまきちらし、前にいたからという理由で槍を投げる。
その都度「ぎゃー!」という悲鳴が・・・w
そしてトド吉の戦車1台が脱落。
間もなく私の1台が脱落していく中、もう1台が無事にゴール!
その後、他に誰もゴール出来ないままレースが終了。

結果は、2周目で一気に抜け出し追いつけない距離まで逃げてゴールした私。
ひどいレースだったのは言うまでもなく・・・w

レースゲームって、戦車がテーマだとたいていひどい。
自分が進むために、他の戦車を犠牲にして踏みつぶしていく。
これを事前にはっきり説明しないと、レース後の関係は・・・ねぇ?
「こういうゲームだから仕方ない」は、とても便利で心構えが出来る良い言葉ですw