・ハイタイド
 High Tide(Queen Games:2016)


ハイタイド

出来るだけ波打ち際に自分のデッキチェアーを置いて、得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには砂浜が描かれています。
ビーチの波は6色あり、ダイスの色と連動しています。
各ラウンドの終わりには、2つのビーチに波が押し寄せきます。
手番がきたら、まずダイストラックを見ます。
ダイスが1つも置かれていない場合、袋からダイスを2個取って振ります。
結果を受け入れたら、対応するビーチの自分のデッキチェアーをダイスの目の数、波に向かって移動させます。
結果を拒否したら、今振ったダイスをそのままの目でダイストラックに置き、新たなダイスを引いて振ります。
ダイストラックにダイスが置かれている場合、ダイストラックに空きがあれば、新たに袋からダイスを2個引いて振ることが出来ます。
ただし、ダイストラックに空きがない場合は、置かれているダイスのいずれかを選んで振りなおします。
いずれの場合も、使ったダイスはダイス置き場に置きます。
すべてのプレイヤーが手番を終えたらラウンド終了。
ダイストラックにダイスがあれば、その色のビーチに波がきて、ダイスがない場合は最後に手番を行った人が袋から2個引いて振ります。
これを繰り返し、6ラウンド終了するか、誰かのデッキチェアーが波にのまれたらゲーム終了。
得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ビーチに波がきて、さらに自分のデッキチェアーを出来るだけ波打ち際に置いていく。
そんなテーマを聞かされたら、もうこれはノリと勢いが大切なゲームなんじゃ?と思うわけでw
とはいえ、最後手番なので選択肢なし!
そりゃ、ダイス振れるんなら袋から引くよねー。
そういう時は、誰のデッキチェアーが一番前にいるかな?とよく見て、波にのまれてしまえ!と思いながら、ダイスを選ぶ。

このゲーム、最初の海の家からデッキチェアーを動かさないと1点。
1歩でも動かせば、先頭か2位にいないと得点が入らないのです。
海の家から出るか出ないかは・・・ダイス次第w

じりじりとみんなのデッキチェアーが波に向かって進んでいく。
私のももちろん進んでいく。
そんな中、おやじさんのデッキチェアーがものすごく前にいる。
これはチャンス!
いやもうチャンス到来。
今沈めなくてどうする!
この瞬間、意思疎通がはかれた感じで、おやじさんのデッキチェアーはあえなく波にのまれたのでした。

「はい、ゲーム終了!」

あぁぁぁ!そうだった!
誰かのデッキチェアーが波にのまれても、ゲームが終わるんだった!

そして得点計算。
海の家にあるデッキチェアーは1個1点、あとは出来るだけ波打ち際に出ているデッキチェアーがあれば得点に。
勝ったのはトド吉。

思った以上にすぐ終わるゲームでしたw
というか、波とかがテーマだと、本当に何というかばかゲーが多い印象。
最大6人まで出来るらしいけれど、そこまでプレイ時間は変わらないんじゃないかな。
他にも拡張がいくつか入っているけれど、今回は基本のみ。
拡張ではコインが加わったり、サメ警報が加わったり、監視員やサーファーを加えても遊べるそうです。