・歴史悠久
 The Flow of History(Moaideas Game Design:2016)


歴史悠久

各文明のカードを手に入れ、自国を発展させて得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

ゲームに出てくるのは6種類の文明カード。
政体をはじめ、知識や部族など色でわかるようになっています。
ゲームは時代気らはじまり、最後の時代垢鬚海┐凸ね茲謀達すると終了します。
その中で、いかに自国を発展させて得点を獲得しているかが勝敗の鍵を握っています。
場には常に5枚のカードが並ぶようにし、市場とします。
手番がきたら、5種類のアクションから1つを選んで実行するだけ。
誰も着手していないカードを選択し、自分のマーカーと任意の資源トークンを置く「着手」。
着手したカードを手元に持ってくる「完遂」。
「引取」は、他の人が着手しているカードを指定し、のせられている資源と同じ数を相手に渡して手元に持ってきます。
「発動」では、手番時に発動するカード効果を発動し、「収穫」では自国の収穫アイコンと同数の資源を場に出し、半分を獲得。
いずれの場合も、カードを取得した時に発動する効果は、即座に発動します。
手番の最後に、市場を補充し、時代遅れのカードを除去し、終了条件を確認したら次の人の手番に。
これを繰り返し、未来カードが市場もしくは誰かの国に配置されたら、その手番終了時にゲームも終了します。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

とりあえず、他の人と被らないのは大切よね・・・と、とりあえず着手。
誰も上書きしてこなければ、あのカードは私のものに。
最初の時代はそこまで効果も強烈ではないので、みんなそれぞれの国をつくっていく。
カードが出てくるたびに効果を読み上げて全員が確認するという、とてものんびりなプレイ。

それぞれがカードを入手して、それを眺めつつ、心の中では勝利点ついてるなとか気にしつつw
最終的に残るのは生産アイコンと文化アイコン。
それ以外は、自国を育てていくための道具でしかないわけで。
とはいえ、序盤からそこまで強いカードはないので、資源を絶やさないようにして、ちょっとしたいやがらせをする程度。

時代が2つ終わると、状況が変わります。
時代遅れのカードは、市場から除去されてしまうのです。
欲しかったかも?程度だと、のんびりしている間に捨てられるw
その前に手元へ持ってこれていれば安心なわけで。

自分の国を育てるということで、手元と市場だけ見ていればいいかと言えばダメ。
こういうゲームの時に、なぜか吸い寄せられるように手に入る軍事。

(またしても赤い国・・・)

攻められてもいやだし軍事大切よね。
入手した時に攻めるんだけどw
もちろん周りは私より軍事が低いので、どこを攻めてもいい。
そうなると狙うは・・・良いカードいっぱい持って勝利点を着実に増やしているいたるさんよねw
そして群雄割拠の時代へ。
常に怯えなくていいというのは、なんという安心感。
元首は欲しいけれど、1枚しか持てない。
となると、他のを入手すると今のはさようならしなきゃいけないわけで。
まぁ1つの国に2人の元首はダメだしね。
そして囁く。

「それよりこっちの元首のほうがいいんじゃない?」

のってこないトド吉。
ちぇっw

特に意識していなかったけれど、いつの間にか軍事大国。
時代が進めばより強いカードが出てくるので、さらに強化。
当然のように、他の文明が遅れていくわけで。
カード効果を意識してカードを入手していくので、必要ないカードは本当に必要ない。

後半になると、気にするのは文化アイコン。
やたらと多く持っているいたるさんのカードを削り、自分も少しずつ集めていく。
軍事ばかりでは勝利点には結びつかないので、これを得点に結びつけるカードを。

ザ・姫路城。

これで赤いカードも安心w
次なる得点源を探しつつ、気付けばゲームも終了間近。
最後にどうしても未来のカードが欲しい。
あれがあれば、そこそこ得点になるはずだし、軍事大国は本当にダメなのです。
そして未来が登場したところで私が入手。
ゲーム終了となりました。

カード効果に複雑さが少ないので、かなり遊びやすいゲームに感じました。
誰もが欲しがると、どんどん値上げしていくので、資源を使わせるつもりの心構え大切。
その時々で、自分がどれで優位に立てるのか、ちゃんと考えるのも大切。
それでも3人でプレイ時間が1時間程度なのだから、満足度も高いです。
上手なコンボを見つけても標的にされやすくなりがちだし、遊んでいて考えることが楽しくなるゲームでした。