・客家円楼
 Round House(EmperorS4 Games:2016)


客家円楼

家族の長となって働かせ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードのほとんどを占めるのは、「円楼」という住居をモチーフにしたイラストが描かれています。
そこに部屋を置くことで、ゲームボードが完成します。
ゲームは、この円楼の部屋を移動して、様々なアクションを実行していきます。
手番がきたら、5つのステップを実行していきます。
達人カードを使う、家族長の移動、部屋のアクション実行、栄誉特典の獲得、注文の完成の順です。
このうち、家族長の移動は必須で、他は任意です。
家族長が1周して祠を通過する場合は、必ずそこで止まります。
そして、参拝の行動2種類から1種類を実行します。
これを繰り返し、ラウンドマーカーが終了に到達したら、他のプレイヤーが1手番ずつやってゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

ゲームを始める前に、まずは各部屋のチェック。
円楼は2ルートあり、場所によっては移動の仕方を間違えると入れない部屋も。
使える家族長コマは2個あるので、どちらを動かしてもいいので、2ルート同時選択も出来るのです。

ゲームがはじまってすぐは、みんなじりじり移動。
手前のアクションをやりたいけれど、先着順だから自分が入れない。
それなら先に違うところを押さえちゃえ!とばかりに、私も出発。
このゲーム、自分が行きたいところには人がいて「そこどけ!」を連発するゲームなのですw

あくまで目的は勝利点を稼ぐこと。
だったら得点チャンスはどこにある?と、しみじみ部屋を眺めつつ。
お金も資源も必要なので、手に入る部屋は大人気。
一度はいったらどかないw
そして、もう1個の家族長コマを動かして違うことをする。
ちゃんと組み立てておけば、こっちの家族長コマでこれを入手して、次の手番はあっちの家族長でこれをと無駄なく動くことも出来るのです。
でもまぁ、これは理想論。
他の人の動きで上手くいかないからこそ面白い。

鈍足な私の家族長を放置して、トド吉が早々に1周。
はやっ!
そして、ボード上に描かれている家廟参拝を選択。
正直、どんな感じなのかわかっていなかったので、じっくり観察し、弟子が大切なことを知る。
ここからは、助手を商隊派遣するのも忘れずに。
細かくアクションがあると、あまり速く1周したくないのですw

実際、どうやったら得点に結びつけるか、常に考えている感じ。
そこに合った部屋が空いている可能性は低い。
だったら次はどれ?
さすがに口に出して相談出来ないので、全部自分で考える(当たり前)。

そして、ようやく祠参拝することを覚えて、家廟参拝。
なるほど・・・こうやって並べていくから弟子が必要なのか。
予想していたよりは良い方向に動いたおかげで、獲得出来たのはボーナス気分。
ここから全力で巻き返すつもりで。
金を入手出来ていたので、その点だけでもちょっと優位に感じる。
金大切だよ、金。

そして、ついにこの時がきた。
絶対にこれはやるだろうという、1個の家長コマでみんなが入りたいところを完全ブロックw
その間にもう1個の家長コマは動かすけれど、1個は絶対にどかないw

「ちょっと!いつまでそこにいるの!」

「あー!行きたいのにどいてくれない!」

かなり困窮した悲鳴を投げつけられましたが、まったく気にしない。
むしろ、このゲームの醍醐味は絶対これだと思うし。
現時点で最下位の私が出来る、精一杯の足止め。
いずれは移動しなきゃいけない時もあるんだし、ね?w

そんな不毛な争いをしているうちに、ゲームも終わり間近。
最後の得点獲得に動き出す。
誰の家長が祠へ入るのか、それすら無言でやり合う形が続いていたので、当然最後も。
そしてゲーム終了し、勝ったのはトド吉。

単純にプレイヤー間の攻防が終始続くので楽しい。
そして、部屋の効果次第では、色々な道がありそう。
箱絵を見て、お茶に関係しているゲームだ!と思い、半ば間違えて購入したのは内緒。
円楼を知らないと、前面の茶摘みに注目してしまうのは仕方ないと思うのですw
このゲームは、初期のものはボードが反り返ってしまっているという不具合(?)があります。
うちのもまさにそれ。
ただゲームマーケットで購入した時、新しいボードがついてきたような気がしているんですが、今回は忘れて反っているほうで遊びました。
あとは、部屋タイルの説明が不十分というか、ルールブックと描かれたアイコンが違っているものも。
そのあたりは部屋タイルのアイコン重視で判断しました。
気になったのはそのあたり。

このゲームを出しているパブリッシャーは、何となく新興という感じ。
前作の「ブラーノ」はエッセンですごく人気で即売り切れだったし、かなりしっかりしたゲームをつくる印象。
だからこそ、今後も目が離せません。
完成度を考えても、素直に「台湾すごいな」って思いました。