・ロレンツォ・イル・マニーフィコ
 Lorenzo il Magnifico( Cranio Creations:2016)


ロレンツォ・イル・マニーフィコ

塔にコマを配置して、建物や人物のカードを手に入れ、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

各プレイヤーは、自分用のボードとコマを受け取ります。
コマは4種類で、3色のダイスに連動しているものと、無色のもの。
場には大きなボードが置かれ、出来るアクション、各プレイヤーの得点等を記録していきます。
ゲームは6ラウンドで、各ラウンドは4つのフェイズを行います。
塔にカードを並べたり準備するフェイズ、コマを置いてアクションを実行していくフェイズ、信仰点をチェックするフェイズ、残ったカードを除去しプレイ順を決めるフェイズの4フェイズ。
信仰点は偶数のラウンドしかチェックしませんが、信仰点が足りないとペナルティを受けます。
これを繰り返し、6ラウンド終了後にゲーム終了。
最終得点計算を行い、もっとも得点の高い人が勝者になります。

まずは基本的なルールで。
自分のボードをよくみると、4色のカードはそれぞれ置く場所が決まっています。
紫と青はボード横に配置していく形。
緑は枚数が増えてくると、そもそも置くのに条件があります。
カードを置いた時に効果は発動するけれど、アクションで発動を選べばさらなる効果が得られる。
ただし、発動するためのダイス目は決められているのです。
すべては、スタートプレイヤーがラウンドの初めに振るダイスにかかっているといっても過言ではないのです。

ボード上にカードを並べたら、運命のダイスタイム。
出目に一喜一憂しつつ、順番にコマを置いてカードを取得していきます。
各塔に自分のコマは1個までしか置けず、さらに誰かが先にコマを置いていると3金払わなければいけないという、先に置いたほうが楽という仕組み。
いや3金がなくて、コマを置けない状況もあったわけで。

カードの横には、そのカードを取得するのに必要なダイス目が描かれれていて、足りない分はワーカーで足す。
ワーカー大切!
あとはどこを重視するか。
とりあえずダイス目低いし、ワーカー獲得しておくか、お金をもらっておくか。
自分のボードにカードが増えてきたら、効果を発動しておくか。
絶対欲しいカードがあるから、先にカード取得に動くか。
本当に、その時の状況次第で悩む時は悩む。
特に手番が早いと、それこそどれでも選べる状況になっていて、逆に悩むという贅沢さw

(あのカードが欲しい・・・でも盾が足りない!)

(先に効果発動させておかないと、ここを取られてしまうんじゃ・・・?)

悩みは尽きないわけで。
忘れてはいけないのが信仰点。
十字架で表されていて、2.4.6ラウンドにチェックが入ります。
この時、規定値に達していれば、支払うことで何事も起こらず得点も入る。
足りなかったら?
ペナルティがきます。
ゲーム開始時にランダムで決まるので、その時によって違いますが、地味にきいてくる。
2ラウンド毎なので、信仰点が入ってくるあてがあるなら大丈夫。
なかった時の紫カードの奪い合いは激しい・・・w

多少無理をしてでも、カードを取れるなら取ったほうがいいわけで。
おかげで、盾だけがどんどん進んでいき、それでカードを取れるのが紫なので偏ってしまう。
足りない資源は、資源がもらえる場所のカードを取ればいい。
でもそこを取るにはダイス目が・・・ワーカーも底を尽きてるし・・・
常にこれが足りない、あれも欲しいが続きます。
コマが4個しかないので、1人4アクション。
あっという間にゲーム終了は近づいてきているのです。

終盤になると、それぞれどこに集中しているのか、見てわかるように。
ダイス目を見て、ここは先に抑えないとあの人には使わせたくないが発生。
それによって、楽しい悲鳴があがってくるのも後半。
カード効果も大きくて、足りないものを一発で補ってくれる場合も。

そしてゲーム終了。
勝ったのは・・・メモ忘れw

全部のカードを平等に集めるのは無理だと悟りました。
特に気にせず集めていると、必要な資源を産み出してくれなくて、カード取得を諦めなきゃいけない。
どれかに特化したほうが、集めやすいように感じました。
でも他に盾や信仰などと要素があるので、細かく拾っていくか、どーんと集めるかはプレイ次第。
終わった後は面白いしか言葉が出なかったけれど、決して得点が高かったわけではなく・・・w
テンデイズゲームズから日本語版のアナウンスが出たのが昨年末。
早く日本語版が出ないかなーと、首を長くして待っているところです。
言語依存はないけれど、2人プレイも4人プレイも早く試してみたいという思いでw