・めんざいふ
 Mea Culpa(Zoch:2016)


めんざいふ

免罪符を集め、魂をより天国へと近づけるゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには、キャラクターカードを中心に様々な出来るアクションが描かれています。
各プレイヤーは、衝立、大聖堂の部品、献金箱、記銘木とコインを受け取ります。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドは4つのフェイズで構成されています。
ボード上の準備をするラウンドの準備フェイズ。
次に、入札してキャラクターを決めて予備アクションを実行するフェイズ。
そして、プレイヤーが4つのアクションから1つを選んで実行するアクションフェイズ。
最後に記銘木の傷の数を比べて、得点トラックを動かすフェイズ。
これを繰り返していき、2つ目の大聖堂が建設されたらゲーム終了。
2回目の献金得点計算をし、最後の記銘木比較をします。
獲得した免罪符の得点を加算し、天国へ到達したプレイヤーが勝者となります。
誰も天国へ到達していなかったら、もっとも天国に近いプレイヤーが勝者となります。

まずはラウンドの準備。
実はこれが重要。
何せ出てくる商品は毎回袋から引くので、何が出てくるかで順番を狙っていきたいからw
そしてプレイ順決めは入札。
各自持っている記銘木の傷を決めて、一斉にオープン。
この時、任意のお金を追加することも出来るのです。
そして、一番高値をつけた人からキャラクター選択。
キャラクターは決めた時に予備アクションを実行します。
最初はやはり・・・集めにくい黄色い免罪符が欲しいので小悪魔。
ゲーム中、どんなに地獄へ向かっていたとしても、終了時に免罪符をセットで揃えることで得点が得られ、それで天国へ向かって進めるのだから欲しい。
商品も欲しいけれど、確実に黄色い免罪符。
黄色い免罪符をいくつか入手出来れば、今度は商品を最初に選びたい。
そうなると法王だけど、罪の巣にあるコマを動かすといっても、ほぼ自分のだし。

プレイヤーのアクションになり、手番は最後だけれど、商品が残っていれば買うことが出来る。
献金はまだいいとして、とりあえずお金もないわけで。
商品を安く買って高く売りたいのはみんな同じ。
そこで光るのが商人。
何せ買ったらおまけでもう1個もらえるのだから、一度商人をやれば商人が魅力なのはわかる。
でもやっぱり黄色い免罪符。

アクションが終われば、最後に記銘木の傷比べ。
入札を強気でやると、ここでその効果が発揮され、地獄へ向かうのが誰なのか決まるのです。
傷が最多と最少の人を比べて、最も傷が多い人は差分だけ、地獄へ向かってマーカーが進むのです。
気を付けたいのが同点。
同点だと、地獄から離れている人が進ませなきゃいけないのです。
全員地獄へ道連れということにw

正直、ちょっと意味がわからないままプレイしていて、ふと気づいたのが中盤。
この時点では、ぶっちぎりでママが地獄の釜へ一直線。
「んもー!熱いわよ!」の連発で、みんなで大爆笑w
これだけ離れたら、逆に思い切って何でも出来るような気がする。
衝立の後ろには商品と免罪符がある程度揃った。
これは大聖堂の建築で、他の色の免罪符を入手する時。

ここからは選ぶのは皇帝。
そして、アクションでは細かく献金。
他の人が献金しているかどうかも、それまでにチェックしておかなきゃいけない。
何せ大聖堂の建築では、塔1つと部屋1つがあり、完成したら献金を比べて免罪符が手に入るのです。
黄色は娼館じゃないと入手出来ないけれど、青・赤・緑なら、大聖堂で入手出来るチャンス。
さらに大聖堂が2つ完成することが、ゲームの終了条件の1つでもあるのです。
これだ!と思ったのは、気が向いて献金してあった分で、1つめの完成時に意外ともらえたからですが。
でもまぁ、そこまで楽にさせてもらえない。
私が献金を始めると、察知してみんな献金してくる。
何を入れたかは発表しなきゃいけないので、嘘はつけない。
こうなると熱いのが商品の入手。
機会を狙って献金とお金に分けないと、最初の入札で使うお金もなくなる。

ひたすら大聖堂狙いでいき、やっと2つめが完成して終了フラグ。
最後の記銘木比較をしたらゲーム終了。
ここで、がんばって入手した免罪符の出番。
2セットはつくれたので、とりあえず16マス天国へ。
そして、セットにならなかった免罪符も1枚1マス天国へ。
終わってみれば、全員が地獄から抜け出していたものの、私の勝利。
一番天国に近い人!w

ちょっとごちゃごちゃしてるかな?というのが、始める前の印象。
実際に遊んでみると、よそ見してると上手くまわらないような気がして、ラウンド毎に狙いを絞ったけれど、これが良かった。
でも箱絵といい、最初から地獄へ向かって一直線といい、ギャグ枠のような気がしてならないのですw