・ドデリド
 Do De Li Do(Drei Magier:2016)


ドデリド

3ヶ所に出されたカードを見極めて、自分の山札をなくすカードゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーが均等になるようカードを分けます。
配られたカードは、裏向きの山にして手に持ちます。
手番がきたら、自分の山札の一番上をめくって場に置くだけ。
出した時に、色もしくは動物が2:1か3:0になっていたら、その色もしくは動物を宣言。
色も動物も2:1か3:0になっていたら、「ドデリド」と宣言します。
ワニが出たら、素早く出されたワニの上に手を置きます。
カメが出たら、宣言の最初に「オー」とつけなければいけません。
いずれの場合も、失敗したら場に出ているカードをすべて引き取り、自分の山札に加えます。
これを繰り返し、誰かの山札がなくなったら、その人の勝利でゲーム終了です。

SPONSORED LINK

2人なので均等に分けるとカード枚数が多い!
とりあえず、遊んでみるかと同じ山札を持ってスタート。

2枚目までは1枚も出ていないので1枚出して「なし」と言うだけ。
勝負は3枚目から。
場は3ヶ所で時計回りに出されていくので、好きな場所に出せるわけではなく。

「おぉ〜・・・なし」

このカメが曲者。
動きがのろまなカメなので、見えている限り「オー」とつけなきゃいけないという。

「おぉ〜ピンク」

「おぉ〜フラミンゴ」

なぜかがっかり顔になってしまうから、「オー」って恐ろしいw

「ピンクが2枚でフラミンゴも2枚・・・なんだっけ?」
「ドデリドでしょ!」

すごすごと場のカードを全部回収して、自分の山札に加える。
そして、ワニが出てきた時の素早さ!

「よし!」
「あぁ!」

トド吉、無念のカード全回収w
実はこの後もワニが出るたびに、なぜかトド吉が遅れをとるので増えていくトド吉の山札。
たった3枚を見比べるだけなのに、とっさの判断って出来ないものです。

「あ、あ〜・・・」
「はい、ダメ!」

3カウント程度で答えるように、ルールブックにも書かれていますし。

意外な楽しさがあって良いんですが、さすがに2人だとカード多いw
どんどんスピードアップしていくので、どんどん失敗してカードがお互いを行ったり来たり。
圧倒的にトド吉の山札が増えていたので、途中終了ということにしました。
ワニとカメ
早くカードに手を出すワニとのんびり屋のカメ。
イラストがかわいいのは、ドライマギアだからかなw