・ロータス
 Lotus(Renegade Game Studios:2016)


ロータス

カードを並べて花をつくり、得点を獲得するゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

ゲームで咲かせるのは5種類の花。
それぞれの花は、必要とするカード枚数が違います。
各プレイヤーは、自分の色を決めて守護虫とカードを受け取ります。
ゲームはいたって簡単。
手番がきたら、3つのアクションから2つを実行しましす。
出来るアクションは、手札からカードをプレイする・カードを交換する・守護虫を移動するです。
カードのアクションは、1枚もしくは2枚のカードをプレイします。
花を完成させた人はカードを得点として受け取り、花を支配している人は勝利点もしくはパワートークンを受け取ります。
最後に手札が4枚になるように、自分のカード山もしくはワイルドフラワーから引きます。
これを繰り返し、いずれかのプレイヤーの山札から最後のカードが引かれたら終了フラグ。
全員最後に1手番ずつやり、ゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

手札を見ると、カードの隅に書いてある小さな数字。
これはこの花が何枚で完成するのか。
そして、自分の守護虫が描かれていて、マジョリティを見る時に2個分の守護虫が描かれているものも。
まずは軽く2枚。
すぐに完成しそうな花をと少し枚数が必要な花を出してみる。
トド吉が持っていれば出してくるだろうし、なければ次の手番に出せばいいし的に。
手番の最後に補充するカードは、自分のカード山でもいいし場に出ている中立でもいい。
ここは手札の中にある程度カードを揃えたいので、中立から狙いうち。

一度に出せるカードは1枚か2枚なので、完成まで何枚必要か意識しておくのは大切。
マジョリティで負けても、花を完成させた人にはカードが得点としてはいってくるので、蓮の7枚は魅力的。
何といってもカードが出されるたびに、どんどん花が完成していくので、見た目がかなりきれい。
でも見た目とは違って、シビアなマジョリティ争いが発生しているわけで・・・

どのタイミングで守護虫を出すか、出さずに違う花で得点を狙いにいくか、むしろ最後の1枚を狙うか、常に何かを考える。
序盤は何となくでやっていたけれど、それじゃダメ。
しっかり考えて、中立からカードを取って使って、さらにここのカードで・・・と、頭いっぱい。
たぶんこれは2人プレイだからw
自分が完成させられなかった花は、全部相手の得点になるのだから、そりゃうかうかしていられないわけで。

中盤までは、マジョリティの勝利点よりパワートークンをもらって手札増やし。
花を完成させられなくても、マジョリティさえ取れればいけるはず!
でも両方取られちゃうと、巻き返しが難しい。
そういう時のために、手札に控えていた蓮の花が出動。
中立に蓮が控えているので、もう1アクションで守護虫を置けばマジョリティは取れる。
あとは、完成時の最後の1枚を自分で出すだけ。

出来上がった花は即座に得点として除去してしまうので、どんどん新しい花が出てくる。
次の花を狙えばなんて考えていたら、あっという間にゲーム終了近く。
この時点で、トド吉とはかなり差がある。
5点トークンの数を比べても、敗北は間違いなし。
気付けば、トド吉が自分の山札から最後の1枚を引いて終了フラグ。
最後の1手番でカードを出してみるものの、とても適わず。
トド吉の勝利。

悔しいのですぐに再戦。
何となくコツがつかめたような気がしたのは後半だったので、今度はいける!
と、思っただけで、今度は僅差で敗北。
これは悔しい。
2人だとシビアな勝負になりますが、花がきれいなので目は癒やされ続けますw