・タリン
 Tallinn(OSTIA Spiele:2016)


タリン

3つの派閥の支持を集めて、コインを獲得していくゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

各プレイヤーは、同じ内容のカードセットとスタートカード、コイン表示カードを持ちます。
スタートカードを自分の前に置き、コイン表示カードをセット。
カードセットを裏向きでシャッフルし、自分の山札をつくります。
そこから3枚を手札として持ちます。
ゲームは最大で10ラウンド。
手札から1枚を秘密裏に選び、一斉にオープン。
派閥の競争もしくは塔の建設を同時にプレイし、最後に手札を1枚補充します。
これを最大10ラウンド繰り返したらゲーム終了。
最後の得点計算をし、もっともコインを多く持っているプレイヤーが勝者になります。

やることはとても簡単。
ただし気をつけなきゃいけないことがいくつか。
カードは左右に分かれて派閥のシンボルが描かれているので、プレイする際に選んだほうが右側に。
そして、プレイしたカードはスタートカードから繋がるように差し込む形で配置。
コインが描かれているほうをプレイすると、得点計算が発生するのです。
コインとシンボルが描かれているので、そのシンボルの数比べ。
全員が自分の派閥の列にある、対象となるシンボルを数えるわけです。
ゲーム終了時の得点計算は必ず発生するけれど、ゲーム中はプレイヤーによって任意で発生。
もちろん自分が最多を狙ったり、他の人の最多を阻止したり。
2人プレイなので、注目するのは向かい側だけ。

スタートカードはランダムで選んだけれど、私は黄色の商人と赤の騎士が描かれているので、この2つが有利。
対するトド吉は、赤の騎士と青の修道士が有利。
いざ勝負!

お互いカードを選ぶ。
手札3枚のうち2枚はコインが描かれているので、とりあえず青も出しておくかと青を選んでおく。
そして一斉にオープン。
今回はトド吉にもコインがないので、そのまま自分の前の列に差し込んで終了。
そして2枚目。
早めに得点計算を発生させたほうが、楽にコインを稼げるんじゃ・・・?と思うも、トド吉が仕掛けてきそうなので便乗しちゃおう計画。
おそらく黄色か青でくるだろうから、黄色つかっておくかなで黄色を選択。
オープンしてみたら、案の定トド吉はコインが描かれている。
まぁ序盤だし、後で取り返せばいいや。

このコインが描かれている時だけ出来るのが、塔の建設。
使ったカードを裏返すと塔が描かれているけれど、シンボルはなかったことになるというか、ゲーム終了時に使われるというか。
この時、手札から出して塔にすることが出来るけれど、以降、手札が2枚の人になってしまう。
全員がカードを使い果たすまで最大10ラウンドなので、使えばラウンドが減る。
だから「最大」10ラウンドなのか・・・

カードを選んで出すだけなので、ゲームはとてもスピーディー。
コインが描かれていて、途中でコインを得るのも大切だけど、そもそもシンボル少ない。
ゲーム終了時には、塔として配置したカードのシンボルで競うので、手札から塔にするのもあり。
序盤にシンボル多めのカードが手札に入ってきていたので、後半は塔へ。
そこで思い切って、手札から塔にしてみる。
確かトド吉は使ったカードを塔にしていたので、確実に勝てそうな色をつくっておく作戦。
しかし手札2枚の人になってしまったw

常に相手のシンボル数だけを気にしながら進めてきたけれど、最後の1枚を塔にして私は終了。
トド吉が最後の1枚をプレイするのに、必死にシンボルを数えている姿を眺めているだけw
そしてゲーム終了。
まずは自分の前に並べた派閥で勝負。
3つのうち1つは負けたけれど、あとは同点などで耐える。
そして塔の計算。
これはまぁ、黄色を差し込みすぎたおかげで5つ以上の差がついて、ボーナス点も獲得。
このボーナスのおかげで、私の勝利。

使うカードは、スタートカードと10枚。
だからプレイ時間も短い。
それでも、それぞれの思惑がちゃんとあって、前面に出てくるので楽しい。
そろそろかな?とタイミング良く狙っていたシンボルを同点に出来た時は、かなりの「してやったり」感が味わえます。
実際、蓋を開けてみたら自分が負けていた時には悲鳴でしたw
ゲーム中に差をつけられても、その分、最後の塔に差し込んでいたりするので、状況を見ながら狙いを定めていくのも良い。
これを4人でプレイしたら、こまめにシンボル数えが発生して賑やかになりそう。
他に拡張が2つ入っているので、次は拡張で遊んでみようと思います。

ゲームストアバネスト:タリン