・ジョリーとロジャー
 Jolly & Roger(Abacus:2016)


ジョリーとロジャー

分配したカードを船に配置したり、宝箱の底に入れたりして得点を獲得していく2人用ゲームです。
トド吉とプレイ。

場に並ぶ4隻の船には、ゲーム終了時に得られる得点が描かれています。
カードはよくシャッフルし、中身を見ずに3枚をゲームから除外します。
手番がきたら、山札から5枚のカードを引き、2組に分けて相手に提示します。
相手は選んだカード組を自分の前に置きます。
次に、選んだ側からカードを任意の順番でプレイします。
船員の強化は、対応する色の船の列にカードを置き、都度どちらの船員が強いか比べて、より強いほうが自分のコマを船に置きます。
船に乗り込むのは、船に自分のコマが置かれている場合にのみ、自分の宝箱の下へ置くことが出来ます。
次に手番プレイヤーがカード配置をしたら、手番を交替します。
これを繰り返し、山札が尽きた8手番目終了後にゲーム終了。
得点計算をし、得点の高いほうが勝者となります。

今回は上級ゲームで。
通常使うカードに特殊カードが加わるので、よく混ぜてから10枚をゲームから除外します。
特殊カードは、その手番で使わなければならず、後にとっておくことは出来ません。
裏返せば色のない1として使うことが出来ます。

海賊旗を持って、まずは私が分配係。
カードを引いて並べる。
まぁ、最初はあまり数値が離されても・・・ということで、割と平等に。
とはいえ、5枚なので3対2になるわけです。
まずはトド吉が船にカードを配置して、次に私も配置。
船の上にいるコマは、最終的に自分のになればいいわけで。

次のトド吉も悩んだ末、分配完了。
ここで特殊カードが出てくる。
見ればクラーケン。
すかさずクラーケンのほうを取って、トド吉のカードを捨て、その上で自分はカードを出してコマを置く。

ゲームはこの繰り返し。
ところが、割と目が離せないというか。
カードには1から5までの数字があるけれど、1が圧倒的に多い。
ある程度、数値に差がついてしまうと挽回は出来ない。
だから油断出来ない。

すっかり忘れていたのが宝箱。
自分のコマが船にある間だけのチャンスなのに、忘れていて活用出来ていない。
トド吉はしっかり宝箱にカードを差し込んでいる。
例え1でも得点になるなら差し込みたいわけで。

すごくじりじりとした展開で、段々と言葉が少なくなってくる。
特にカードを分配する時は、この組み合わせを取られたらどうなるか、あっちを残されたらどうなるか考えてしまう。
出てくる言葉は悲鳴くらいw

そして迎えた最終。
カードを分配するのはトド吉。
悩んだ末、2組をつくりあげる。
じっくり考えて1組を選択。

「こっちもらう!」
「ぎゃー!」

この最後の組み合わせでほぼ決定。
カードを出して、どこを取られてどこを取るか、宝箱に差し込んでも大丈夫かなど吟味。
宝箱に差し込んだことで船の上が負けるなら、差し込まないほうがいい。
特に船はそれぞれ得点が違うので、得点の高い船では負けたくないのです。
終わってみれば、珍しく私の勝利。
「勝った!?勝っちゃったー!」と何度も言って、さらなる追い打ちをかけたのでしたw

箱絵と海賊で、単純にやり合ってギャーギャー言うゲームかと思ったら大違い。
カードの分配からすでにゲームは始まっているし、自分が分配する側になることで、ある程度コントロール出来るし。
最終的な得点を考えながら、途中経過を動かしていくのもお互い次第。
カードを裏返すことで、色がない1として使えるのも大切。
2人で遊ぶ分配ゲームとしてはかなり良い感じだし、時間も30分以内なのも良い。
すぐにもう1戦出来るしw
楽しくやり合っても遊べそうだけど、勝ちたいからこそ必死になるのです。
上級の特殊カードは、若干飛び道具のような気もするので、次回は通常ルールで遊んでみようと思います。