・ベガス・カードゲーム
 Las Vegas: The Card Game(alea:2016)


ベガス・カードゲーム

6ヶ所のカジノを舞台に、お金を稼いでいくカードゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

ベガスがカードゲームになりました。
基本的な事柄はダイスゲームと変わりません。
場にはダイス目が描かれたカジノ6つを並べて置きます。
プレイヤーはそれぞれ、同じ内容のカードセットを持ち、裏向きでよくシャッフルして山にして自分の前に置きます。
ゲームは4ステージ、各ステージは6ラウンドです。
各ラウンド、まずは自分の山札から5枚引き、そのうち1枚以上を選び、裏向きで出して一斉にオープン。
対応するカジノへ置きます。
カジノの横には、そのステージで分配するお金が置かれています。
使わなかった3枚は、自分のカクテルグラスの下へ置きます。
カードは必ず1〜2枚出しますが、同じ数字なら2枚以上出すことが出来ます。
再び自分の山札から5枚を引いて、カードを選んで出します。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーがカジノに8枚以上のカードを置くか、6ラウンド終了したらステージ終了。
カジノの得点計算をし、お金を分配します。
自分のカードをすべて回収してシャッフルし、自分の山札をつくったら次ステージへ。
これを4ステージやり、最終的に最もお金を持っているプレイヤーが勝者になります。

全員が同じ内容のカードセットを持っているし、ダイスを振らないのでどうかな?と思いつつ。
まずは手札を眺める。
残念ながら、同じ数字はない。
でもゲームが進んでいくとわかるのです。
カードを多く出せばいいというものではないと・・・

とりあえず別々の数字で2枚選んで伏せる。
カードの上には手を置いて、枚数を見えなくする意味があるのかな?と。
そして一斉にオープン。
まぁ、みんなより高いお金が置いてあるカジノを狙うよねw
それぞれに対応するカジノへ出したカードを置いていく。
毎回2枚選んでいると、4回出すと何も出来なくなる。
そう・・・時には1枚出しで様子を見ながら、他の人が置けなくなったところで1枚2位が狙い。
1位と2位に金額の差がそれほどなければ、2位だっていいのです。

自分の山札が減ってくると、カウンティングしておけばよかったと思う反面、そこまで余裕ないから無理。
同じ数字がそう簡単に2枚以上出せることもなく、頼りになるのはダイスが2個描いてあるカード。
それでダイス個数でトップに立ったりしつつ、毎ステージ確実に稼いでいく。
そして、ひたすらカードシャッフルしていたステージも4ステージ目。
結構稼げたけれど、もう少し稼いでおきたい。
最後に狙うのは、ちょっと置いて煽っておいて2位。
これが功を奏し、終わってみれば私の勝利。

3人プレイだと、1枚2位とかがかなり良い感じ。
4人じゃこうはいかないよね。
ただまぁ、私はダイスをじゃらじゃら振りたい人なので、ボードゲーム版のほうが好み。
カードは全員が同じセットを持っているわけだから、単に出てくる順番だし。
その場、その場でダイス目に一喜一憂したいと思うわけです。
久々にベガス4人プレイやりたいな・・・w