・キャメルアップ・カードゲーム
 Camel Up Cards(eggertspiele:2016)


キャメルアップ・カードゲーム

カードを使ってラクダを進ませ、レースに賭けて賞金を獲得するゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

キャメルアップがカードゲーム化ということで、大きなボードとダイス、ピラミッドがなくなりました。
コースカードを並べてコースをつくり、ラクダのスタート位置を決めます。
フェネック・やしの木・投票カード類をコース横に並べます。
カードの準備が出来たら、早速ゲームスタートです。
手番がきたら、レースアクションを1回必ず実行し、次に任意で投票アクションが出来ます。
レースアクションは、フェネックまたはやしの木をコースに置く、カード山の一番上のカードを公開する、手札を使うのどれか1つを実行します。
投票アクションは、順位を予想するレグ投票カードを取る、もしくはレース終了時の順位を予想する最終投票カードを取るのどちらかを実行出来ます。
レーシングカードの山札最後の1枚が公開されて処理したら、レグ終了。
ここでレグ得点ラウンドになり、持っているレグ投票カードに沿って収入もしくは支払いを済ませます。
再び新しいレグの準備をし、次のレグへ。
いずれかのラクダがゴールに達したらゲーム終了。
最終得点ラウンドをやり、もっとも所持金が多い人が勝者になります。

まずは最初のカードセット。
受け取ったカードから、決められた枚数を選んで共通の山札へ。
そして手元に残す分を残した完了。
集まったカードを裏向きのままシャッフルして山札をつくれば、いざ、ラクダのレース開幕。

ラクダたちが一斉にスタート!
とは行かず、白と青が最後尾争いのまま、先頭集団は駆け抜けていきます。
これは・・・みんな同じ考えだったに違いない。
こうなると、早めに取りたいのがレグ投票。
確実にくるだろうと思って、急いでとる。
誰も妨害することもなく、あっという間に1回目のレグ終了。
ところが・・・私が投票したラクダが1位にならなかったw

続いてカードを選ぶところからはじめ、2レグ目スタート。
またしても懲りずに黄色を仕込んだ私w
その勢いはもう止まらない。
早めのレグ投票で、何とか収入を得ようと必死。
ダメなら必殺の残した手札で・・・と考えていたけれど、何とか収入がはいってきた!
まだレースは終わらない。
そしてゲーマーなら、こんな一方的すぎるレースを見過ごすはずがない。

運命の3レグ目。
やはり・・・トド吉と翔さんによる、最後尾の青と白進ませ作戦。
たまに進むのも緑。
私は素直に黄色狙い。
だって最終投票済ませてしまったんだもの・・・
すごい勢いで追い上げてくる青と白。
お互いに乗ったり乗られたりしつつ、あっという間に緑を射程距離に。
まずい・・・この勢いだと逆転劇が起こりそう。
そんなことを考えていたら、オレンジが先頭でレース終了。
ダメ!それじゃダメ!

いよいよレースも終盤、4レグ目がスタート。
どのラクダがゴールしてもおかしくない。
ゲーム中1枚しか取れない最終投票カードで、黄色を取ってしまっている私は負けられない。
山札からカードをめくると、やはり白が!
そしてオレンジ。
オレンジが先頭へ行ったと思ったら、緑が追い上げる。
そんな接戦レースもゴール目の前。

(あれ?私が仕込んだカード出てこないな)

そう。私が仕込んだ黄色カードが出ていないのです。
これはいける!そう確信しつつ山札をめくると・・・

黄色きたー!やったー!

これでレース終了。
いやー熱いレース展開だったw
収入計算をしてみたら、私と翔さんが同点勝利。

キャメルアップだけれど、カードをプレイヤーが仕込むので、ダイスを取り出すボードゲーム版とは違うかな。
3人だとヤシの木も一度くらいしか出番がなかったなぁ。
レースが熱いのは変わらないけどw
でもぶっちぎりトップのラクダを全員が進めて、さらにその投票カードの取り合いになったら、ちょっとしらけちゃうかも。
やはり絶対に勝たせたくないという思いがカード選別に出てこそ、より熱いレースが楽しめるんだと思いますw