・ふくろキャッチ
 Schnapp den Sack(Amigo:2016)


ふくろキャッチ

めくられたカードに描かれている数を判断し、素早くふくろを取るゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場の中央には「ふくろ」と目標タイル、その周りには4種類のカードが並びます。
各プレイヤーは、それぞれ同じ枚数のカードを受け取って、自分の前に裏向きの山をつくって置きます。
基本ゲームでは目標タイルの数字は6です。
手番がきたら、自分の山札の一番上のカードをめくって表向きにし、その後、一斉に目標タイルの数字と一致する列がつくれるのか判断し、つくれるなら素早くふくろを掴みます。
1つの列には同じ種類のカードしか置けません。
ふくろを掴んだプレイヤーは、どのように6をつくるのか示し、合っていたらその列のカードを得点として受け取ります。
つくれない場合は、カードをめくったプレイヤーが列に置きますが、すでに6つを越えるふくろがある場合は、もっともふくろの数が多いカードを上書きします。
間違ってふくろを掴んでしまった場合は、すでに獲得した得点から1枚取り、自分の山札の下に入れます。
これを繰り返し、すべてのプレイヤーの山札がなくなったらゲーム終了。
得点として獲得したカード枚数が、もっとも多い人が勝者となります。

このゲームで親切だなって思ったのは、ルールに山札からカードをめくる時にどちらからめくるか書かれていること。
どうしても自分が先に見えるようにめくってしまいがち。
そこを他の人が見えるようにめくるよう、図と一緒にルールで示されています。

最初の4枚を場に配置したら、ふくろのつかみ取り競争開始。
手番がきたら、まず自分の山札の一番上をめくる。
すごい勢いで、その列に置いたら6になるか考える。
カードは常に、ふくろの絵が6つまでしか並べることは出来ないので、時には上書きも想定して。
わかった!と思ったら、素早く中央にある「ふくろ」を掴む。

「これで6つになる」
「ほんとだー」

目で見て、頭で判断して、手でふくろを掴む。
この流れをきちんと脳に伝達しないと、わかっているのに手がのびないw
カードがある程度並んでくると、上書きが発生することで状況がかわってくるのです。
考えているうちに、ふくろを取られてしまう。
負けてなるものかと、必死でカードを凝視w

前半は、そのほとんどをぼーっとしてたトド吉が、突然の覚醒。
次々に素早く手を出してはふくろを取っていく。

「どうしたの?」
「なんか覚醒した!」

みんなで大笑いw
覚醒したままふくろを取り続けているトド吉。
負けてはいられません。
こちらもよりスピードアップ!
でも失点は避けたいw
終わってみれば、後半から覚醒したトド吉の勝利。

ベルを鳴らすとか、棒を取るとかあったけれど、麻袋というかサンドバッグにしか見えないふくろを掴む。
これが意外につかみやすいw
どの種類のふくろが出てくるのか、とにかく他の山札を凝視するけれど、凝視しすぎて数の把握が遅れたり。
一瞬の出遅れがすべての出遅れ。
スピード系のゲームでは、かなり疲れましたw
でもこのふくろなら、間違って飛んでも痛くないし、つかみやすくていいかも。

Schnapp den Sack: AMIGO - Kartenspiel
Wolfgang Kramer
Amigo Spiel + Freizeit
2016-01-01