・ヴィア・ネビュラ
 Via Nebula(Space Cowboys:2016)


ヴィア・ネビュラ

資源を活用して建物を建設したり、契約を達成して得点を獲得するゲームです。
翔さん・トド吉・私の3人でプレイ。

大きなボードは、ネビュラの谷と契約書カード置き場で両面仕様。
今回は何となく経験者ボードで。
各プレイヤーは、自分用のボード、自分色の建物コマと個人契約書カード、そして労働者コマと草原タイルを受け取ります。
手番がきたら、6つのアクションから選んで2つ実行します。
出来るアクションは、職人の配置・建設地の配置・霧マスの探索・自分の契約地に資源1つを運ぶ・建物の建設、その他に2つ分消費する化石の森の探検があります。
同じアクションを実行することも可能です。
2つアクションを実行したら、次の人の手番に。
これを繰り返し、誰かが建物を5つ建設したら、他のプレイヤーたちが手番を1回ずつやりゲーム終了。
最後に得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

ボードと持っている契約書をよくチェックしたら、早速ゲームスタート。
基本的には、資源を産出する土地に労働者を配置して資源を出し、それを自分の建設予定地まで運んでいく。
そして建設に必要なコストが集まったら建設し、即時効果のカードなら効果を発動させていく。
5つ建てればゲーム終了フラグが立ち、達成している契約書の得点から、ボード上に残っている資源等をマイナス点として計算する。
ルールとしては、割とシンプル。
資源は産出させると誰が使っても良くて、すべての資源がなくなることで労働者が手元に戻ってくる。
労働者は2個しか持っていないので、他の人にも資源を使ってもらえる位置、それでいて自分が必要な分を入手しやすい場所がいいわけで。
他の人に使ってほしいとはいえ、資源を算出出来る場所は限られているし、自分が先に建設したいし、建設予定地だってスムーズに運べる位置がいい。
初手から悩ましいw

資源を運ぶにはルートが必要。
そのために持っているのが草原タイル。
霧で白いボードに、緑の草原を配置してルートをつくりあげていく。
もちろん草原タイルは共用なので、自分が置いたことで他の人の利益にもなる。
自分も他の人が置いた草原を走るわけで。
協力ゲームと思わせておいて、どこかで少しずつ出し抜いていく。
ボードには通行不可能な場所もあるので、建設予定地もよく選ばなければ。
アクション2つなので、タイミングが大切。
ゲームを始めて間もなくから、かなりテンションが上がってきたw

見えている契約書は後回しにして、とりあえず持っている契約を達成していくことに。
ゲーム終了時の得点でも、他の人に何を狙っているのかわかりにくいようにw
よさそうな建設予定地を見つけたら、自分のトークンを置く。
建設予定地は2つまで入れるので、他の人と相乗り。
相乗りしておけば近くに資源を出してくれるかも・・・自分で出しても減るのが早いから条件的にはいい。
ルートをつくりやすい中央付近に、一斉に集まっていく。
問題はどの資源を出すか、必要か、他の人は何を必要としているか。
ボードに悩んでいる契約書と資源産出場所、他の人の顔をちらちらと窺う。

必要とする資源が少ないほうが簡単だけど得点もそこそこ。
カード効果もチェックし、即使えるもので建設出来たら尚良し。
これは悩む要素が多いけれど、悩むより実行していったほうが良いタイプだ。

考えすぎ、よくないw

ゲームが終盤になり、これはもうゲーム終了させたほうが・・・という雰囲気。
でも終了させるには、赤い資源が欲しい。
自分でわざわざ?でも誰か出してくれる?
ぐるぐると考えながら3周ほど待ち、しびれを切らせたというw
結果、これが待ちすぎたわけで。
トド吉が建物すべてを建てきったので、ゲーム終了フラグ。
最後の手番で何が出来るか、最後手番だったのでオープンにして考えるも・・・足りない。
手番が1回足りない!惜しい!

終了後に得点計算をしたら、トド吉の勝利。
これは悔しかったというか、悔しい!悔しすぎる!きー!という感じw
最後に資源を出すタイミングを狙っていて手番3周待ったけれど、そこを2周にすべきだったか・・・
でもそれはそれでまた違った流れになったし、トド吉だって違うこと考えただろうし。
何にせよ、1手番遅れた形での終了が本当に悔しかった。
自分にも勝つチャンスが確実にあったから、余計に悔しかったのです。

ルールの複雑さがないし、目で見えている材料で判断していき、個人プレイになるかと思えば資源は共用。
これは・・・とても良いワレスw
今回は3人ということもあり、割と自由度があったので、ぜひ4人でプレイしてみたい。