・ファーストクラス
 First Class: Unterwegs im Orient Express(Hans im Gluck:2016)


ファーストクラス

地図上の線路を延ばしたり、列車を増設して車掌を移動させて得点を獲得するゲームです。
メビウスおやじさん・ママさん・トド吉・私の4人でプレイ。

このゲームは基本の用具の他に、2つのモジュールが必要になりますが、今回は最初のゲームということでAとBを使用。
各プレイヤーは、自分用のボード、車掌、汽車、マーカー、1コイン、郵便車と0の車両を持ちます。
ゲームは6ラウンドで、各ラウンドは決められたカードが場に並びます。
スタートプレイヤーから順に、手番では場から1枚ずつカードを選んでアクションを実行します。
全員が3手番行ったらラウンド終了で、得点計算を行います。
これを繰り返し、6ラウンド終了時にゲームも終了。
最後の得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

並ぶカードは3列。
この中から好きなカードを選んで取るだけ。
ただし各列は、プレイヤー人数と同じ数取られたら捨て札になるのです。
後から取ろうと思っていたら、取れずに捨てられてしまうことも。

みんなが汽車を増やしていくので、逆に地図をつくってみようと。
ゲーム開始時に最終ボーナスカードを持っているので、最後の得点も意識しつつ。
地図を追加させるだけではダメで、汽車を進ませなきゃ効果が発動しない。
そして進ませるのは、進めるカードを取らなきゃいけない。
列車の増設も同じで、車掌を進ませないと得点にはならない。
最初は0ではじまる汽車だけど、効果を使うことでより大きい数字にかえられる。
忘れがちなのが、コインを集めることで出来るアクションがあるということ。
ゲーム中、結局1回くらいしかやらなかったような・・・

とはいえ、1つに絞れるわけもなく。
何せカードが取れなきゃ話にならない。
時にはスタートプレイヤーを取りにいくのも必須。
しかもスタートプレイヤーを誰かが取ると、即ボーナスが発生するのです。

得点計算でみんなが汽車得点を獲得していくのを見て、私も少しは汽車を増設することに。
0を増やしつつ1にあげ、その後少しずつ数字を上げていく。
これが意外に上がらない。
というのも、車掌を進ませるカードの争奪戦が激しいからw
狙うは最大まで車両を増やしてもらえる得点。
最後はカードではなく、タイルをつなげます。
それも早く取ったほうが得点が高い。

カードは後半になれば効果も大きく、車掌が3歩移動したり、汽車も同様に。
最終ボーナスカードを取り、最後の得点計算を少しでも増やす。
ある程度、得点源を明確にしておけば、カードの取り方も変わってくる。
隣りのトド吉を見ると、どうも同じようなカードを取っている。

(これはかぶってるな)

だからこそ、先に狙ってるカードを取られてしまう。
それじゃどうするか・・・なんかもう常に考えてる。
でもこれがダメw
あっちもこっちもチョコチョコ手をつけるので、どれも中途半端。
あそこであのカードを取るべきだったか、とか夢中。

気付けばゲーム終了間近。
最後は何をやれば得点がのびるかと考えて、車両を増やして何とかタイル獲得。
そしていよいよ最後の得点計算。
この得点計算がとにかくすごい。
得点がどかん!と入ってくるので、得点ボードをぐるぐるまわっていく。
私は完全に出遅れていたけれど、何とか2周することが出来たので一安心。
まぁ、ぶっちぎりでビリだったけれど。
勝ったのはおやじさん。

1回終わってみると、ゲーム終了時の得点のすごさがわかります。
ボーナスカードは取っておかないと厳しい。
汽車の得点は少なかったけれど、ボーナスカードの得点でかなり助かりましたw
地道に得点を蓄積していっても、最後に一瞬で追い越されたりするので、そのあたりが好みかな。
私は最後に逆転出来る要素があるゲームは割と好きなので、すごく楽しかったです。
ロシアンレールロードより、こっちのほうが好み!
今回は初期のAとBのモジュールだったので、他の組み合わせでも遊んでみたいところ。