・モロッコ
 Morocco(Eagle-Gryphon:2016)


モロッコ

自分のワーカーを市場に送り込み、屋台を入手して得点を獲得していくゲームです。
秋山さん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ボードには、市場の情報を得るための展望台とワーカーを配置する市場が描かれています。
ゲームはラウンド制で、各ラウンドでは屋台探索とワーカー割り当てのフェイズを実行していきます。
まずは屋台探索フェイズ。
展望台でポーンを動かし、キューブを入手していきます。
入手したキューブは、次のワーカー配置のコストとして支払うことになります。
そしてワーカー配置。
スタートプレイヤーから順に、自分のワーカーを市場に配置していきます。
配置した際、屋台がいっぱいになったら得点計算発生。
ワーカーを置いている数を比べて3位までが得点を獲得し、計算後、その市場を閉鎖します。
手番を1回ずつ、2周やったらラウンド終了で、スタートプレイヤーを次の人に移動します。
これを繰り返し、開いている屋台が5個以下になったら、そのラウンドの終了時点でゲーム終了。
最終得点計算をし、最も得点の高かった人が勝者になります。

SPONSORED LINK

1マス4個のワーカーが置けるので、マスが埋まった時に自分が最多を目指す。
気に掛けることは、最終得点計算の時、自分の市場タイルが塊になっていればボーナス点が入ること。
出来るだけつなげる・・・全員がそう考えているので、最初の手番は思い思いの場所から。

展望台から市場を眺めるとフェイズだけど、この時点である程度どこへ置くのか考えておく。
なぜなら、屋台探索フェイズで入手したキューブがワーカー配置のほぼすべて。
キューブがなければ、自分のワーカーを配置することすら出来ないわけで。
ポーンを動かした時に、動かした本人は左右のキューブをもらえるけれど、他のプレイヤーはポーンがいる場所のキューブが入手出来るのです。

そして、キューブを入手したらいよいよワーカー配置。
まずは普通のワーカーでもあるアシスタントを配置。
市場マスの縦と横に描かれている色のキューブをコストとして払うことで、ワーカーが置けるのです。
狙っていた場所を手番順で先に置かれてしまうと、コストが払えなくてワーカーを置けないなんてことも中盤以降は発生してきます。
自分の市場タイルで大きな塊をつくるには、隣接する市場まで考えて最多を狙う。
便利なのが、2コマとして数えるボディーガードと得点計算が終わると隣接市場へ移動してワーカーと交換出来る旅行者。
さらには1回の手番で、支払うキューブを1個足せばワーカーを2個置ける双子トークン。
旅行者と双子トークンは使用回数に限りがあるけれど、ボディガードは使えばストックに戻るけれど、得点計算で2位もしくは3位を取ればまた入手出来るのです。

キューブは毎ラウンド入手出来ることで、本当にどんどん市場が閉鎖されていきます。
むしろ、この流れに乗り遅れると出遅れてしまうので、離されるわけにはいかない。
途中でトド吉が市場争奪戦に負けて、自分の周りがつながらなくなっていくのを眺めつつ、黙々と静かに塊を目指す私。
そのうち、秋山さんといたるさんが争奪戦をはじめて、それでも静かに黙々とw
何せこの時点でぶっちぎりの最下位だし、誰にも警戒されないはず。
逆に、かためすぎて誰も市場にワーカーを置いてくれない。
これだとすべて自分のワーカーで埋めなきゃいけなくて大変・・・仕方ないか。

そして終盤、一気に市場を閉鎖して塊が出来上がってきたところで、狙ってワーカーを置いていた場所にトド吉乱入。
これで閉鎖してしまい、市場タイルを置くことが出来なくなってしまったのでした。
そしてゲーム終了。
最終得点計算をし、秋山さんとトド吉の同点勝利。

「あそこで・・・あそこでトド吉がこなきゃ勝てるチャンスあったのに!悔しい!」
と、1人で騒いでいましたw

はっきり言えば、かなり地味な部類に入るゲームだと思います。
でもじわじわとおもしろいんです。
プレイ時間も1時間かからなかったし、便乗したり便乗されたり。
特にワーカー1つで2位や3位に入れると、かなりお得でした。
各順位はタイでも報酬がもらえたおかげで、大きく脱落することもないし。
想像していたよりおもしろかった。
夢中になって遊んでいたので、あっという間にゲームが終わった感じでした。