・ウルムの黄金時代
 Ulm(HUCH! & friends:2016)


ウルムの黄金時代

中世のウルムを舞台に、各区画での活動を通じて、得点を獲得していくゲームです。
秋山さん・いたるさん・トド吉・私の4人でプレイ。

大きなボードには8つの区画とドナウ川が描かれています。
ゲームは10ラウンド、各ラウンドでプレイヤーが出来るのは1手番です。
スタートプレイヤーは、塔タイルを大聖堂上に置きます。
その後、スタートプレイヤーから順に、手番を実行していきます。
手番がきたら、袋からアクションタイルを1枚引いて、そのタイルを大聖堂エリアのマス内に押し込みます。
次に、タイルを押し込んだ列もしくは段の3つのアクションを任意の順番で実行します。
ゲーム中にカードを獲得していたら、ラウンド毎に1枚プレイすることが出来ます。
次のプレイヤーに袋を渡せば、次の人の手番になり、全員が1手番やったらラウンド終了で次のラウンドへ。
10ラウンド目が終了したら、最終得点計算。
各種得点を加算し、もっとも得点の高かった人が勝者になります。

このゲームでは1人1手番しかやらないし、手番では3つのアクションをやるだけ。
でもルールブックは2冊ある。
ゲームの流れとしてのルールブックと、各タイル等についてとか細かい説明。
そう・・・割と細かい。
各区画とドナウ川は連動していて、自分の船コマがいる区画で封印したり。
常に自分の船がいる場所と、そこからつながる境界線は意識しておかなきゃいけないのです。

スタートと同時に、颯爽とアクションを実行していくみんな。
もちろん私も!
と言いたいところだったけれど、いまひとつわかっていないというか、しっくりきていない。
町の紋章は2種類あって、即時得点とゲーム中誰かがやってくれると得点が入るものがあるということは認識。
封印は自分の船の現在地・・・あぁ見にくい。
ゲーム中何度も「そこ違うよ!」と言われたり言ったりしたけれど、何とかならなかったのか・・・

私にとっては9枚のタイルが並ぶ大聖堂マスが難関。
基本的には袋から引いたタイルを押し込むんだけど、何がやりたいのか?ということになる。
私の手番だし、袋から引いたタイルを持ったまま考えていると、周りが色々と教えてくれる。
みんな優しいw

どんどん進んでいくみんなの船に比べて、ついていけてないのが私といたるさんw
進む時に団子状態になっていれば飛び越せるけれど、一度離されると地道に進んでいくしかない。
そこまで注意がいってなかった。
そんな中、ブルクハルトと相性がいいのか、秋山さんがどんどん自分の紋章を置きまくり。
完全に遅れをとった私は、得点もダントツのビリだけど、カードも少ない。
ようやく理解出来たのが中盤。
カードをよく見て、どれが自分には効果的に得点をもたらすかよく考える。
むしろ、遅れをとっている船を進ませて、せめて先頭に出れれば・・・
ゲーム終了時に、ドナウ川も得点計算が発生するので、最後の1マスに行きたい。
ならばドナウ川を一気にかけていく!

ここからは船一直線、むしろ船しか見えない。
だって、区画にはみんなの紋章が置かれていて、下手にアクションすると得点をあげちゃうもの。
私だって紋章持っていたけれど、誰もそのアクションやってくれないしw
あとは交易で得られる得点も捨てがたい。
10ラウンドが終わるまでに、何とか得点になる組み合わせは出来ないか考えつつ。
最初からこの調子だったら、こんなにビリじゃなかったと思う。

ドナウ川がレース状態になるも、何とか私が一番先頭のマスを占拠w
それで満足したけれど、他に良いものを入手しておかなったので、何かないかと考える。
カードだ・・・交易カードだ。
ということで、最後の最後で見どころがやってきた感じ。
けれど、得点は遠く及ばず。
勝ったのは秋山さん。

ブルクハルトなのに、普通のボードゲームで驚いた(失礼)。
ただし、アートワークにこだわりすぎて、ボード上の境界線が見難かったのが難点。
何度間違えたことか・・・
しかも色々と計算して動かしていくので、境界線を見誤っていた時のショックはかなり大きかったなぁ。
あとこれ、初回は得手不得手が出やすいので、1回目で拒否反応出そうw
私は9マスパズルを見ただけで、これは初回ではダメなやつだ・・・と悟りました。
常に「あれがやりたい!」と思っても後手にまわっていたし、最後には果たして何が出来るのかを考えていました。
終わってみて色々と理解出来たので、もう1回じっくり遊んでみたいです。
他の3人が得点争いしていたのに、そこに加われなかった悔しさも含めてw

Ulm
Gunter Burkhardt
Huch & Friends
2016-10-04