・Hoard(Cheeky Parrot Games:2014)

Hoard

ドラゴンを起こさないように周りを移動し、宝石を集めて得点を獲得するカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

中央には、タイル3枚からなるドラゴンが眠っています。
その周りを囲むように、裏向きのカードを並べます。
各プレイヤーはキャラクターを選び、外周のカードの上に置きます。
手番がきたら出来るのは2つのうち1つ。
自分のキャラクターを動かしてカードを入手するか、手札からカードを出すか。
キャラクターを動かす場合は、ダイスを振って出目の数だけ移動し、まずは止まったカードを見ます。
その上で、見たカードを手札に入れるか、カードを戻して山札から1枚引くか選びます。
手札からカードを出す場合、宝石なら3枚以上セットでなければ出すことが出来ません。
一度出した宝石と同じ宝石を追加する場合は、2枚以上じゃなければ出せません。
ガイコツはドラゴンタイルを1枚起こし、ドラゴンはドラゴンタイル1枚を眠らせます。
これを繰り返し、ドラゴンタイル3枚がすべて起きるか、山札が尽きたら終了。
得点を計算し、もっとも得点の高い人が2P、2位の人が1Pのチップを受け取ります。
誰かが5Pになったら、ゲームが終了します。

このゲームの特徴は、何といってもカードはすべて自分の前に出していないと得点にならないところ。
とはいえ、手札に残しているとマイナス点に。
あとは、ドラゴンを起こしたり眠らせたり出来ることで、ある程度はゲームの進行速度を調整出来るような気がするところw

まずは手札を見る。
まぁ2枚あるものを揃えればいいかー的な感じで。
ダイスを振って移動、そしてこっそりカードを見る。

(うん・・・いらない)

そっと戻し、山札からカードを引けば手番終了。
うん、早い。

移動は途中で方向を変えることは出来ないけれど、手番毎にどちらへ移動してもいいので、思い出したように慌ててカードを拾いにいくことも。
何といっても3枚以上じゃなきゃ出せないのがつらい。
ドラゴンが起きるカードを持っていても、今終わったらマイナス点だらけw
そういう時は、外周のカードを手札にいれて、こっそりと外周へカードを入れる。
一度誰かが3枚セットで出すと、さすがに同じ宝石は無理。
1枚でもあれば、こっそり捨てたいw

意外に揃わない宝石に困りながらも、何とか3枚で出せた!
トド吉もいたるさんも活発に移動してはカードを見ている。
同じ宝石にこだわっていてはダメだ・・・と思ったら、あっけなく終了。
残った手札マイナス点じゃないのw

一度やれば慣れたので、今度は剣と盾が飛び交う。
剣と盾はセットなら得点になるし見過ごせない。
盾を持って準備万端で待っていると、顔に出ているのか剣が飛んでこなかったり。
全員がお目当ての宝石を探しているので、ゲームはさくさくと進む。
あまりに早く進むので、自分でどの宝石をどこに仕込んだのか忘れてしまって右往左往。
出した宝石と手札のマイナスを考えて、時には自らドラゴンを起こしてみたり。
なぜかトド吉が毎回マイナス点をたたき出し、最後までその結果は変わらず。
いたるさんと私が5点の同点勝利で終了。

記憶ゲームだから覚えておけば楽なのに、これが意外に覚えていられない。
移動に移動を重ねているし、誰かが入れ替えてたりもするので、山札にすべてを賭ける時も。
ある程度、宝石を自分の前に出せていたら、みんなの手札枚数を見て終わらせにいくのも吉。
都度あがる悲鳴もゲームのうちで、ドタバタと楽しかったですw