・Tramways(AVStudioGames:2016)

image898

街に線路を敷いて都市間をつなぎ、客を移動させて得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

ゲームの目的は、線路で都市間を繋ぎ、出来るだけ自分の線路を使って乗客を運ぶこと。
線路の長さで収入が入り、リンクの数で得点が入ります。
もちろん他の人の線路を使うことも可能ですが、その場合は使った線路の持ち主に使用料を払います。
ボードに初期配置をしたら、ゲーム開始。
ゲームは6ラウンド。
各ラウンドは、競売・アクション・経営の3つのフェイズからなります。
競売では、カードの入手とプレイ順を競りで決めます。
アクションは2周で、1周目は1アクションもしくは2金、2周目は1アクションもしくは2金を続けて2回。
線路を敷設したり、建物を建設したり、アップグレードしたり、乗客を動かしたり出来ます。
いずれの場合も手札からカードを出すことによって実行出来ます。
最後に経営は、手札に残ったカードで収入を得たり、労働者を受け取ったり、乗客を増やしたり、カードを捨てたりします。
これを繰り返し、6ラウンド終了後ゲーム終了。
最終得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者となります。

最初のカード選びからゲームは始まっているのです。
どんなアクションをやろうと、カードがなければ話にならない。
さらに、そのカードによって自分がどの空き土地を手に入れるかも重要。
もしかすると、一番時間をかける部分がスタートまでかも?w
ボードを見ると、1ラウンド目から6ラウンド目まで、どの色の都市に乗客が補充されるのかわかります。
それを考慮しつつ、どこへ線路を敷くか、ちゃんと1手番で敷けるのか考える。
線路を敷くには労働者が必要で、経営で労働者を戻すカードが手札にあるかなど。
手順としてはシンプルだけれど、考えなければいけないことは多め。
とはいえ、他の人の動き次第のところもあるので、ある程度想定しつつ準備完了。
うん。文章にしてみると長いw

要は誰よりも先に良さそうな場所に線路を敷設して、乗客を独り占めすればいいわけで。
いや無理だけどw

カードを眺めると、最初のカードは効果弱め。
強いカードが欲しい。
手札の上限が決まっているので、カードを増やしすぎても使いたいカードが出てこない場合も。
さらにプレイ順が決まる最初の競りでも、負けるとただのお邪魔カードが手札に入ってきたりする。
デッキ構築なのに、お邪魔カードは本当に邪魔なのを前回学んでいたのです。
でもお金には限りがある。
だった、乗客を運べばいいじゃない。
考えが延々とループし出すと止まらないw

運がいいのか悪いのか、近い場所でいくつか手付けが出来ている。
他の人に入り込まれないように、まずは線路を敷設。
リンクが多ければ多いほどいいけれど、気をつけなきゃいけないのが都市化する時の色。
色によって効果が違うけれど、適用したい効果と欲しい都市の色が一致しないから悩む。
とりあえず、この先乗客が補充される色で都市にする。
アップグレードしたいけれど、カードが足りない。
だったら都市を増やさないと。
乗客を運ぶ時は、最初に入った目的地で止まるので、同じ色の都市同士のリンクは意味がない。
黙々と線路を敷き、ある程度出来上がってくる頃にh、乗客争奪戦が始まる。
こうなると、重要なのは手番順。
最初の競りで早々におりていてはダメ。
しかし・・・お金が!

ある程度、固まった地域が出来たところで、次なる場所を求める。
その頃には、他の人の線路だらけで、乗客の取り合い激化。
何とかならないか?と線路を敷くも、手番順で乗客を取られて悲鳴w
もう1つ決め手に欠けてしまい、こうなれば自分しか運べない乗客で・・・と考えてはみるものの、目的地が近すぎて稼ぎがあがらない。
そして、自分環状線なんてつくったので、他の人が使ってくれない(当たり前)。
やはり中央付近に線路を敷かなきゃダメだったか・・・

序盤、他の人と比べても遅れをとっていたトド吉が、終盤ですごい追い上げを見せる。
それに対して、他2人も楽しそうに参戦。

乗り遅れた!

初プレイじゃないのに!

頭の中で描いていた理想と現実は一致しないもので・・・
割と良さそうな感じだったのは中盤まで。
後半の私は完全に膠着してしまい、線路のアップグレードもならず。
これだ!と思っても、カードが言うことをきいてくれてないw
6ラウンド終了で、最後の得点計算。
勝ったのは、最後に山を開拓して繋いだトド吉。

デッキ構築はカードにばかり気がいってしまい、ボード上をよく見ていないのばればれ(いいわけ)。
途中までは良い感じだと思っていたのに、他の人はもっと良い感じだったという。
焦って前半に詰め込みすぎてしまったところは、素直に反省点。
しかし・・・どうやったら後半で爆発するような線路敷設や都市化が出来るんだろう。
簡単なのは手順だけど、中身は限られた狭い範囲での得点競争なので難しく感じました。
2回目(前回は時間切れで最後まで出来なかった)で、流れはよくわかっていたはずなのに、気付けば線路が間に合わなくて乗客を運べないという。
そして何と言っても一番重要なところで発生するカードが足りない事件。
プレイ時間もちょっと長いので、すぐには再戦とはいかんけれど、もう少し遊びたいなぁと思うです。
でも何度やっても上手く出来ないんだろうなぁw