・Xニムト
 X nimmt !(Amigo:2016)


Xニムト

カードを引き取らないように、カードを列に出していくゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には3・4・5の列カードが並び、右隣りに数字カードを1枚ずつ並べます。
これがスタートカード。
ゲームは、プレイヤー全員が手札からカードを1枚選んで裏向きで出し、一斉にオープン。
数字の小さい順に、各列に並べていきます。
列に置けるのは、その列最後尾のカードと次列先頭の間の数字です。
この時、どの列にも置けないカードを出した人は、任意の列に置かれているカードを受け取り、自分が出したカードを新たなスタートカードとして、列の先頭に置きます。
各列は列カードによって、置ける枚数の上限が決められています。
3なら3枚目が置かれたらいっぱいになり、いっぱいになるカードをプレイした人は、その列に置かれているカードを受け取り、自分が出したカードを列の先頭に置きます。
受け取ったカードは、1枚だけ自分の前に置いてあるXカードの右隣りに並べ、残りは手札に入れます。
ただし、X列も昇順になるように並べなくてはいけないのです。
昇順にならない場合、すでに置かれているカードを失点として裏向きの山にして、Xカードの左隣りに置きます。
これを繰り返し、誰かの手札がなくなったらラウンド終了で得点計算。
2ラウンド目が終了したらゲームも終了で、獲得した得点がもっとも少ない人が勝者になります。

ニムトという名前だし、基本的なカード出しルールは同じだけれど、引き取ったら得点というか失点というかになる通常ニムトと違って、このXニムトは猶予があります。
引き取っても、自分の前に昇順で並べられれば助かるw
             
最初はスタートカード1枚しかないので、そこそこの数字ならいけるだろう・・・

「出したー?せーの!」

「あああああ!」
「うそだー!」

最初から波乱展開w
考えてみれば、みんな同じこと考えるよねって。
でも大丈夫。
何といっても得点候補は1枚。
残りは手札に入るので、まだまだセーフ。
とはいえ、誰かが手札をなくしてラウンドが終わった時、手札に残っているカードの牛も得点として計上されるから油断ならない。
何といっても、いつかは出せるかも?と残しながら、出せない気配濃厚になってくるカードをどう始末するか。
次こそは・・・と考えているうちに、ラウンド終了。
はやい!
ここでいたるさんが0点を叩きだしトップに。
これは・・・次でたっぷりカードを引き取ってもらわねば!

続く2ラウンド目、さすがに前ラウンドを踏まえてなので、そこまでカードを引き取らない。
とはいえ、どうにもならない時は多いわけで。
さっきはダントツで得点を獲得してしまったけれど、今度は負けない!
少し大きめの余裕をもってカード出し。
かなり調子いい。
自分の前に並ぶカードもバッチリ昇順w
これはいける・・・このまま手札をなくせば、さっきの大量得点も帳消しに。

「手札なくなった!」

言ってみたかったw
自分の前の列もきれいな昇順で、獲得得点0。
でも合計してみたら、1ラウンド目の得点が痛かった。
勝ったのはトド吉。
1ラウンド目の得点も少なめ、2ラウンド目も0にこそならなかったけれど2点だったので、合計したら勝者に。

ニムトの感じはあるけれど、引き取ったカードを自分の前に並べるという違った要素でカードの出し方が変わってきます。
各列も置ける上限があるし。
ぎりぎりのところを抜けられた爽快感より、いかに昇順で並べるかのほうを重要視してしまいがちでした。
より限られた制限で遊ぶニムトもなかなか楽しかったですw