最近、あちこちで少しずつ紹介されることが多くなってきたボードゲーム。
今回のMONO<モノ・マガジン特集号>もその1つ。
以前掲載されていた時は、人生ゲームやバックギャモンなどでした。
ちなみに3月に掲載されていた記事はこちら。
 ・MONO<モノ・マガジン>
今回は所謂ドイツゲームがしっかり掲載されていたので紹介します。
表紙
まず表紙。
「手とアタマを使いまくるおもちゃ図鑑」という見出し。

ボードゲーム特集
目次をしっかりチェックし、ボードゲームのページへ。
実はその前に掲載されていたものもあるんですが、それは後述。
「ドイツゲームとは?」から始まり、ゲームマーケットの盛り上がり。
そして、「男なら女にモテるべし」や「男なら仕事力をあげるべし!」など、シチュエーション別のおすすめゲームが並びます。
すごろくやの丸田さんが紹介していて、写真も掲載されているけれど、ちょっと珍しい構図w

次のページでは「放課後さいころ倶楽部」でおなじみ中道先生の紹介。
中道先生の特集
すごろくのマス目に見立て、スタートは初心者マス。
そして「先生が選ぶ作中で描かれたオススメ5」として、5ゲームが紹介されています。

実はこれだけではありませんでした。
バックギャモン チェス
バックギャモンにチェス。
トランプ 花札
そして、トランプや花札まで。
もちろん(?)UNOや人生ゲームもありました。
かなり力を入れて紹介しているなぁと感じる1冊です。
他にもボードゲームに関係ない記事で興味を惹く記事が多数ありました。

モノマガジン 2016年12/2号
ワールドフォトプレス
2016-11-16