・ブレインストーム
 Brain Storm(Amigo:2016)


ブレインストーム

2枚のカードで言葉を考えるゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

場には9枚のカード。
この中の2枚を使って単語を考えます。
思いついたら言葉を叫び、使う2枚のカードを指さします。
他のプレイヤーが同意したら、その2枚のカードを獲得します。
場のカードが9枚になるように補充したら、ゲームを続けます。
他のプレイヤーが同意しなかったら、他の言葉が見つかるまで続けます。
これを繰り返し、山札と場のカードすべてを使用したらゲーム終了。
もっとも多くカードを獲得した人が勝者となります。

SPONSORED LINK

並んだカードをよーく見て・・・いざゲームスタート。

トド吉が指をさしたのは、壊れた水瓶と天秤。
「黄金聖闘士!」

「は?」

「あぁーあるね」
 (え!?あるの!?)

「うんうん」
 (えぇー!?)

ほくほくとカードを回収していくトド吉。
それでありなら・・・

「これ!イカロス!」

「いや、イカロスは風船で飛んでないから」
「羽だよね」

がーん・・・いや、だいぶ無理があったけど。
その後も思い思いの言葉が続く。

「脱出ゲーム!」

「あー!わかる」
「わかるわかる」

素直に納得すると、全員が納得する様が面白いw
連想はそれぞれ何を考えているかの発表でもあるわけで。
そりゃ盛り上がる。

でもね・・・
でもね・・・

120枚のカードは多すぎ!
最後は若干疲労が見え隠れ。

「あと何枚?」
「あと4枚だけど、場のカードも全部使わないといけない」
「長い・・・」

確かに最初の元気がない。
そして、長くなると早く終わらせたいので、連想もおざなり。
多少ありなら通しちゃう。

やっとのことでゲーム終了。
勝ったのは私。

連想ゲームなので、盛り上がっているうちに終わりたい。
適当なところで終わりにすればいいけれど、いっそ最初から山札を減らしておくほうがよさそう。
4人だったら半分程度でいいと思いました。