・盗賊市場
 Thief's Market(Tasty Minstrel Games:2016)


盗賊市場

ダイスの分配でカードを入手し、得点を獲得していくゲームです。
いたるさん・nekonさん・トド吉・私の4人でプレイ。

プレイヤーたちは盗賊。
盗賊の得点といえば、世に轟く悪名という設定。
ゲームの流れはとても簡単。
場にはカードが並びます。
まず、親がダイスすべてを振り、親マーカーを加えて「盗品」をつくります。
その後、親から順に手番を実行していくだけ。
手番では、場にあるダイスから望むだけ取るか、他プレイヤーが獲得したダイスをすべて奪うかのどちらかを実行するだけ。
ただし、他プレイヤーから奪った場合は1個を場に戻さなければなりません。
全員がダイスや親マーカーを取ったら購入フェイズへ。
親から順番に持っているダイスを使ってカードを1回だけ購入していきます。
最後に次ラウンドの準備をしたらラウンド終了。
親マーカーを持っている人が親となってゲームを続けます。
場に補充するカードが足りなくなったらゲーム終了。
得点計算をし、最も得点の高い人が勝者となります。

まずは全てのダイスが振られる。
それをじっと見ながら、場に並ぶカードと比較して欲しいダイスをある程度考える。
いざゲームスタート!

「全部もらっていく」

自分が親だったら同じことやるかなw
そして当然のように、次の人が奪う。
場に戻ってきたダイス1個。
さらに次の人が奪い・・・とやっていくと、場には3個のダイス、もしくは2個のダイスと親マーカー。
ここで悩むのです。
奪ったらどうせ奪われる・・・場にあるダイス目は欲しいものばかり。
だったら、場のダイスを取ってもいいじゃない!

場からダイスを3個取ると、他の人に奪われにくいのです。
だって、奪ったら1個を場に戻さなきゃいけないから、実質2個しか手に出来ない。
このダイスの分配が一番熱いのです。

カードの購入はあっという間。
欲しくないもしくは取れなければ入手出来ないわけで。
あっという間のラウンド終了。

このゲームいいじゃない!

2ラウンド目からは、最初に手にしたカードを元に、さらなる悪名を手に入れていく。
取ったダイスをカード効果で使い、残りでカードを手に入れようとするとどちらもは無理。
でも大丈夫。
カードはAからはじまって、Cまでの三段階。
後半になるほど効果も強くなるから大丈夫。
だったら・・・他の人が欲しいダイスを私が抱えちゃえ!
悲鳴があがるけれどスルーw
ダイスの数しばりがかなりきいていて、泣きながら諦めることも。

やっぱりこのゲームいいじゃない!

ある程度ゲームが進み、ふと他全員の手元を見ると、かなりカードが集まっている。
集まった中でコンボが出来上がると、入手したダイスによってはかなりの効果。
そんな中、あまりカードが増えていない私。
でも悪名ポイントは集まっているので、得点にはなる。

そう・・・すごく面白かったのです。
とあるカードが出てくるまでは。
カード
今回問題になったのがこのカード。
これちょっと強すぎやしませんかね?
カード効果を全員で確認して、間違いないことがわかると、一同げんなり。
さっきまで「どうしちゃったの!?」くらいに楽しんでいた場が凍り付きます。

結局、最後まで遊びました。
得点計算してみたら、カードを大量に持っている人たちと私の得点差があまりない。
これは良いゲームかなw
でも何とも言えないもやもやが残ることに。
あのカードさえなければ、ダイスの奪い合いが最高に楽しいゲームです。
ダイスの数を考えつつ、どのカードでより効果的な得点を狙っていくか、悩ましいけれど思い切りも必要。
☆4つ付けても惜しくない程度には、楽しめるゲームだったのです。
本当にもったいない感じでした。
ゲームに使わないカードもあるので、こちらの「サイフ」は抜いて遊ぶのを推奨。
アメリカ人はこういうカード効果が好きなのかなぁ?