・オバケの城
 Geisterburg(Queen Games:2016)


オバケの城

大人のオバケに仲間入りするため、目的をクリアしていく協力ゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

箱を使ってセットするのはオバケの城。
城内には壁があり、隠れるように宝とオバケを置きます。
ゲームはいたって簡単。
手番プレイヤーは目隠しをして、磁石がついた棒を持ちます。
他プレイヤーは、目的の宝まで手番プレイヤーを誘導し、さらにスタートマスまで宝を持ち帰るよう誘導します。
途中でオバケがくっついてしまっても、とりあえずスタートマスまで戻ります。
まず宝を城内の置かれていた場所へ戻します。
そして、スタートマスに置かれているオバケタイルを裏返し、その上にオバケをのせておきます。
今回は基本なので、16分以内に目的タイル7枚を達成するのが目的。
目的を達成したら、次の人に手番が移ります。
制限時間内に課題をすべてクリア出来れば成功。
それ以外は失敗となり、全員敗北です。

要は、棒を動かしてたら間違ってオバケがくっついた!という状況になったら、オバケは城内から除去されるけれど、宝も獲得出来ない。
さらに、各スタートマスに置かれているオバケタイルは数が決まっているので、それ以上に該当のスタートマスにつれていってしまうと失敗。
時間内に目的をすべて達成出来なければ失敗。
でもまぁ、子ども向けだし簡単でしょう。

そう思っていました・・・

手番の人が仮面装着、のち大爆笑。
これは笑える・・・付けてる本人だけ見れないけれど、とにかくおかしいw
棒を城の床にくっつけるように片手で持ったら、早速ゲームスタートです。

「右!右へ!」

「ストーップ!」

カチッ。

「今の音わかった?宝ついてるから慎重に戻ろう」

棒を床につけたまま引きずっていく。

「あ゛ー!」

カチッ。

オバケがくっついてしまった・・・
仕方がないのでスタートマスに戻り、オバケタイルが2枚置いてあったので、とりあえず1枚を裏返してその上にオバケをのせる。
これによって、城内のオバケは減っていくけれど、4ヶ所あるスタートマスに置かれているオバケタイルすべてが裏返った上で、オバケをくっつけてしまって敗北なわけで。
どこへ行くのかの選択肢も手番プレイヤーじゃなく、その他のプレイヤー。

最初は余裕だよね!と思っていたんですが、すべての目的を達成したら残り2分。
意外に余裕がない結果に。
見えている人と見えない人で協力する全員参加型なので、楽しかったです。
もっとも、仮面をつけた瞬間が一番盛り上がりましたw