・Vulcano(HABA:1999)

Vulcano

火山から飛び出してくる火の玉を集めて、得点を獲得するゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

箱の中央には筒状の火山。
中にはプレイヤーの色に連動した玉が入っており、中央にねじがあります。
ゲーム開始時、各プレイヤーは一度だけ使える特殊能力カードを受け取ります。
ゲームはいたって簡単。
スタートプレイヤーから手番が回ります。
手番がきたら、まずどこに火の玉が落ちてきそうか予想し、自分のコマを置きます。
続いて次の人が置いてと続き、全員が置いたらねじを回します。
自分がいる場所に落ちてきた火の玉を取り、手元に置きます。
特殊カードの効果は、手番で使うことが出来ます。
これを繰り返し、筒の中の火の玉がなくなったらゲーム終了で得点計算。
自分色の火の玉は2点、その他は1点で計算し、もっとも得点の高い人が勝者になります。

HABAのちょっと古いゲームということで、わくわくしながらゲーム開始。
それぞれ自分色の玉が落ちてきそうな場所、もしくはいっぱい落ちてきそうな場所に素早くコマを置きます。
手番順なので、後手番だと良い場所が残ってない場合も。
そして、回されるねじを凝視w

(こいこい・・・落ちろ落ちろ・・・)

念は通じず!
ころっと隣りの場所に落ちた時のがっかり感。
こういう時に便利なのが特殊カード。
誰も選ばなかった場所の玉をとれたり、自分色の玉を先に回収出来たり。
手番なら使える便利カードです。

大人4人の争いはかなり醜い。
ねじを回す時にちょっとでも傾くとブーイングw
そういうアナログな部分もボードゲームならではなんだけど。
落ちない
これでも落ちなかった・・・

どんどんねじが回され、気付けば筒の中の玉がなくなる。
各自、得点計算をしてゲーム終了。
勝ったのはトド吉だったかな?

落ちそうで落ちない玉が、いったいどこへ落ちるのか。
ちょっとした衝撃で勝手に落ちてラッキーだったり、落ちると思っていたのに落ちてこなかったり。
そのドキドキ感が楽しいゲームでした。
ところで、ちょっと調べてみたら、作者の1人がなんとクラマーでした。