・コテージガーデン
 Cottage Garden(Spielwiese:2016)


コテージガーデン

花壇に花を植え、得点を獲得していくゲームです。
おのさん・神尾さん・トド吉・私の4人でプレイ。

テーブル中央には、共通のボードを置きます。
ボードの辺には数字、中央のマス目には花や植木鉢などが並びます。
各プレイヤーは花壇のボードを2枚と得点ボードを持ちます。
ダイスはラウンド表示に使うのみで、振ることはありません。
手番がきたら、まず中央のボードを見ます。
自分が選べる各列を見て、タイルが残り1個以下の列があればタイルを補充。
その後、縦横斜めの列からタイルを1枚取って、自分の花壇に配置します。
花壇が完成したら得点計算をし、クリーンアップした後、新しい花壇ボードを受け取ります。
これを繰り返していくだけ。
ゲーム開始時と花壇完成時にもらう猫は、最大2枚までしか保持出来ません。
得点にはオレンジと青があり、植木鉢の数とカバーの数に分かれています。
全員の手番が終わったら、ダイスを次の目にして次ラウンド開始。
ダイスが6になったら最終ラウンド。
最終ラウンドでは、その時点で持っている花壇だけを完成させます。
すべての花壇ボードが除外されたらゲーム終了。
最終的な得点計算をし、もっとも得点の高い人が勝者になります。

作者がローゼンベルク、花の形はパズル。
最近パズルに凝ってるのかな?と思いつつ、自分が使う花壇ボードを2枚受け取ってゲームスタート。

中央のボードをよく見ると、1から4までの数字が書かれていて、自分の手番ではどの列を見ることになるのか目印に。
もっとも、それに気付いたのは2回目のプレイでしたがw

正方形の花壇には、植木鉢が描かれています。
これがオレンジの得点になるので、出来れば避けて花を置きたい。
そうなるとどの形がいいのか・・・自分の手番までによく考えておかなければ。
一応、自分の花壇に合うかどうかチェック出来るというルールがあるので、その時合わせてみても良いかとは思います。

まるでテ○リ○のように、ボード上の自分列に並んだパーツを取っては置いていくだけ。
列は他の人とかぶっているので、ある程度考えて
他の人が花壇を完成させている中、2つとも同時進行でつくっていたので、どうにも遅れ気味。
でもまぁ、誰かが完成させると花のタイルが場に戻ってくるわけで。
それを待つのもいいかな・・・などと考えながら、自分の花壇と場のボードを交互に見る。

どうしても出来てしまう1マスの空き。
これを埋めるのが植木鉢、もしくは猫!
ゲーム開始時2個は持っている猫チップ。
ゲーム中は、花壇を完成させるともらえる猫チップ。
これで埋めて完成させることが出来るし、見た目もいいw

みんなに遅れること、ようやく私も完成ラッシュ。
2枚とも同時に進めていたので、出来上がりは一気に。
まず1枚を完成させ、使った花たちを中央のボード外周に並べる。
何に使うんだろう?と思っていた組立式の花車は、どこから補充するかの目印。
そして、ボードを交換。
完成したので猫をもらい、続けて猫を置いて完成!
やっと得点が動いてきたw

こんな感じでゲームは続き、気付けばダイスが6表示。
これが最後のラウンドだし、現在持っている花壇をつくることしか出来ない。
続々完成していく中、完成に至らない私は得点キューブを後退させ、花を取っておき・・・

「ここからは出来上がるまで1人でどうぞ」

いや、そうだけど・・・そうなんだけど!
得点は減っていくわけで。
そしてゲーム終了。
1回目は誰が勝ったか忘れたけれど、2回目勝ったのはトド吉だったような?

ゲーム内容は?といえばパズル。
遊んでいて特に気になったのは、自分の庭にそのタイルが合うかチェック出来るところ。
補充のタイミングだと、列には最大4つのタイルがあるわけで。
それを1つ1つチェックされていると、いつまでも待っている状況。
全部チェックした後、やっぱりこっち?いやこっち?と・・・
そこでテンポが崩れてしまったところが気になりました。
最初からわかっていれば、お茶を調達したり色々使える時間ではあるんですけどねぇ。

でも見た目がいい。
花がきれいだし、どんどん花で埋まっていくボードは目に優しいし、パッチワークと違って4人で遊べる。
あと猫がかわいいw