・ドルチェ・ビータ
 Dolce Vita(Hans im Gluck:1999)


ドルチェビータ

出来る限り高額な贅沢品を集めるカードゲームです。
いたるさん・トド吉・私の3人でプレイ。

場に並ぶのはたくさんの贅沢品。
各列9枚ずつの7列並んでいます。
各プレイヤーは、それぞれ同じ内容の数字カードセットを持ちます。
ゲームはプレイ人数によって違うラウンド制。
今回は3人なので6ラウンド。
手番がきたら、自分がほしいと思う贅沢品のカード列に、手札から1枚置くだけ。
次のプレイヤーが1枚置き、を繰り返し、全員の手札が残り1枚になったら、贅沢品の分配をしてラウンド終了。
各贅沢品は1種類につき1枚しか持てないので、2枚目からは上書きされていきます。
場の贅沢品はそのままで、各プレイヤーは使ったカードを回収して再び手札に。
これを既定ラウンド繰り返したらゲーム終了。
集めた贅沢品とお金の合計がもっとも高い人が勝者になります。

まずは並んだ贅沢品チェック。
どれが高めの金額か、下から何番目かチェックしておきます。
いざゲーム開始。
スタートプレイヤーから順に1枚置くだけ。
でもどの数字を置くかが悩ましい。
贅沢品は各列とも取り方が一緒で、数字が一番大きかった人から順に下から取っていきます。
下から2番目にほしいものがあれば、その列で2番にならなきゃいけない。
でも中途半端な数字を出すと、いらない贅沢品を押しつけられてしまう。
最初はなにも持っていないのでいいのです。
問題は1枚獲得しちゃってから。
欲しくないのに受け取らなきゃいけない。

「あー!車の値段が下がった!」
「この別荘は絶対取りたくない!」

入手したのが同じ種類なら上書き。
結果、さっきまで持っていた贅沢品のほうが高値。
そうなると、より高いもの・少しでも高いものを何とかして手に入れて、さらなる上書きを目指すわけで。
でもこだわってばかりだと、他の贅沢品を集められない。

1つの列に何枚置いてもいいけれど、同値の人がいたら両方とも何ももらえない。
どこまで数字競争するのか、撤退の見極め大切。
誰もが高い贅沢品が欲しい。
でも誰かは安い贅沢品を受け取らなきゃいけない。
誰が犠牲になるのか・・・
なんて深く考えるなら、諦め大切w
贅沢品よりお金のほうがいい。
お金は上書きされずに、単に手に入れた分がすべて加算されるので魅力的。

後半は全員が「いっそお金」になり、逆に同じ場所に集中してしまうという。
3人なので特に。
1のカードでひっそりお金を取れたら幸せw
6ラウンドはちょっと長いかな?と感じたけれど、ゲーム終了。
勝ったのはトド吉。

古いゲームだけれど、手軽だし適度に悩ましくていい。
ただプレイ時間に対して、3人だとちょっと長いと感じたので、贅沢品の列を少なくするとか、そういうバリアントがあったほうがもっとよかったかな。