・ステラー・コンフリクト
 Stellar Conflict(Artipia Games:2015)


ステラー・コンフリクト

自分の艦船を配置し、戦闘に勝つゲームです。
トド吉と2人でプレイ。

テーブルを宇宙空間に見立てて、お互い艦船を配置してレーザーで打ち合います。
自分が使うカードを持ち、使うカードを選びます。
選べるカードは艦船のクレジット合計値で決まります。
3種類あり、今回は早く終わる偶発戦闘の10で。
選んだカードはシャッフルし、裏向きの山にして自分の前に置きます。
貨物船を一番上に、旗艦を一番下に入れたらセット完了。
カードを配置は、偶発戦闘の制限時間30秒。
スタートと同時に、カード山の一番上から順番にめくっては配置を繰り返します。
制限時間が終わったら、すべて配置していなくても終了。
続いて戦闘。
数字が小さい艦船から、レーザーを発射してチェックしていきます。
命中すればダメージを受けるか撃沈し、貨物船に当たれば貨物を受け取り、艦船を撃沈させればその艦船を受け取ります。
最後に入手した貨物と撃沈させた艦船の得点を計算し、高いほうが勝者となります。

慌ただしい艦隊戦闘。
30秒なので、たぶん一瞬。
いかに中央の貨物船を守りながら、すべての艦船を配置するかにかかっている。

「スタート!」

30秒しかないので急げ!
1枚めくってはシールドの位置を確認しながら配置。
カードに描かれているレーザーの強さとか確認する余裕がないw
しかも先に良い場所を取らないと、艦船を置かれたらレーザーが届かない。
バタバタと配置し、あっという間に終了。

そしてレーザーチェック。
レーザーが届いているかのチェックは、なんと輪ゴム的なゴムw
意外に伸びるので、届かないと思っていたら届いてた!なんてことも。
シールドで上手く遮ったと思ったら、自分のレーザーが自分の艦船に当たっていたりして、割とカオスw
自分で撃ち落としても相手の得点になる。

何とか貨物船が耐えられたか?と思ったら、手前の艦船が撃沈し、大口径レーザーで撃ち落とされて終了。
がんばったつもりでも、落とされた(落としちゃった)艦船の数で負けてるので、当然得点も負け。

「要領覚えたからもう1回!」

30秒なら何回でも出来る。
宙域紛争なら60秒で15クレジット、全面戦争なら120秒で30クレジット。
気が短いので30秒はちょうどいいw

でもまぁ、何回やっても負けるわけで。
しかも続けてやればやるほど、見落としが発生して被害甚大。
おかしいなぁ?

時間制限があるゲームは、終わりが見えているのがいい。
しかもじっくり遊ぶのと違って、時間制限で慌てるから、偶発的なアクシデントも盛り上げてくれる。
カードゲームだけど意外に場所を取るので、出来れば広めのテーブルで遊んだほうがいいです。